岡山県に住む、ホントにイケメンなのか疑わしい男、ゲンのブログ

人気のフィギュア、体臭対策、プロテイン。あとは雑記って感じです~。


かかとのカサカサ対策にはオロナイン!

30歳を過ぎたある日。
それは冬のことでした。

会社でデスクワークをしていると、なんだか

「かかとがかゆい!」

なんだろう?と思いながら、靴下の上からポリポリと
かいていました。

会社だし、靴下を脱いでわざわざ確認することもせず、
そのまま忘れてしまいました。

ところが、その次の日も

「かゆい!」

一体何なんだろう?と思って、家でかかとのかゆいところを
見てみると・・・。

「!!?? なんだこれは!?」

なんと、かかとが5ミリくらい、パックリと割れていました。。。

これは、かゆいんじゃなくて、痛かったのか・・・(汗)
しかも今までパックリ割れになったことがなかったので、
どこかに引っ掛けてキズになってるのと思いました。

で、よくよく考えてみて、
「ああ、これがパックリ割れか!」
と気がつきました・・・。

それで、パックリ割れ対策について、いろいろネットで調べてみて
ハンドクリームやかかと用クリームという選択肢のほかに
「オロナイン」
という選択肢を発見しました!

僕としては、もともとキズに塗るために作られたオロナインが
理にかなっている気がして、さっそく試しました。
そしたら、まあキズは消えるし、カサカサも治るし
これはいい!
ということで、使い続けています。

また、このかかとのカサカサの原因は、乾燥だけではなく
白癬菌や水虫などのしわざという情報もあって、
(ネットの情報なので定かではないですが)
仮にそうだとすると、バイキンに効きそうなのもやっぱり
オロナインなんじゃないかと思います。

ということで、オロナインを使い続けています。

寝る前にかかとにぬって、靴下をはいて寝ます。

靴下をはいて寝ると良くないといいますが、眠れたら
OKと思います。

人によっては、足が熱くなって夜中に起きてしまうという
人もいると思います。
そういう場合は、靴下をはかなくていいと思います。

靴下をはくのは、かかとにぬったオロナインが取れないようにと、
布団にオロナインがくっつかないように
するという意味があります。

ということで、カサカサになったかかとには
オロナインを使っていますという話でした。

ゲン