岡山県に住む、ホントにイケメンなのか疑わしい男、ゲンのブログ

人気のフィギュア、体臭対策、プロテイン。あとは雑記って感じです~。


1日2食で超健康!慢性疲労の方、必見!

1日2食にたどり着いたきっかけ

以前、このブログで書いたとおり、過敏性腸症候群(IBS)みたいに

なりました。

 

過敏性腸症候群(IBS)みたいになったので、対策をしました。(続き) - ホントにイケメンなのか疑わしい男、ゲンのブログ

 

それで、いろんな食品を見なおしているんですが、

牛乳もよくないんじゃないかということで、それに

変わるいろんな食材を調べていました。

 

牛乳のタンパク質を豆乳や豆腐で補おう、とか

カルシウムはどの食材で補うか?とか。

 

それでたまたまたどり着いたのが、下記のサイト。


1日2食健康法 - 慢性疲労治療・花粉症治療の決め手

 

このサイトの冒頭のメッセージを読んで、

まさに目からウロコでした!

 

慢性疲労と過敏性腸症候群(IBS)が関係している!?

僕は25歳すぎたころから、急に体が疲れやすくなって

「俺も年取ったなぁ・・・」とか思ってました。

 

それで、よくよく考えてみたら、過敏性腸症候群(IBS)かなと

思ったのがだいたい25歳すぎなので。あっ!同じ頃だ!と。

 

「1日2食…」のサイトを読んで思ったのが、

慢性疲労の対策と、過敏性腸症候群(IBS)で食べないほうが

よいとされるものが、だいたい同じなんです。

 

そして、慢性疲労の主要な原因として、

胃腸の消化能力が食事回数に追いついていない、

ということです。

 

そう。ここで「腸」が出てきます!

 

これを読んでハッとしました。

 

腸の消化能力が落ちて、疲労体質になったのか

疲労体質になって、腸の消化能力が低下したのか

どちらが先かは分かりませんが、

 

きっと、両者は関係していて、負のスパイラルを

形成しているんじゃないか?

そう思うようになりました。

(もちろん個人差があって、僕の場合の話ですが…)

 

慢性疲労と過敏性腸症候群(IBS)のための具体的な対策

慢性疲労と過敏性腸症候群(IBS)がリンクしていそうだ

ということを書きました。

 

では、どのように対策したらいいでしょうか。

 

朝食の代わりに、野菜ジュース

サイトに書いてあるとおり、とりあえずここ2日は朝食を抜き、

野菜ジュースにしています。

サイトでは5日続けると書いてあったので、

1週間~2週間は続けてみようと思います。

 

ちょうど、微熱っぽくて食欲がなかったので

空腹との闘いはそれほど大変ではなかったです。^^;

 

完食を控える

あとは、完食を控えています。

考えてみたら、成人してからは空腹にまかせて

食べ物を口に放り込んでいる自分がいました。

 

昼前や夕方におなかがグーっとなるんですが、

我慢しています。そういえば、症状のなかった学生時代は

小遣いが少なくて同じように空腹を我慢していました。

 

とりあえず、今始めたのは

「朝食抜き」と「間食抜き」です。

ダイエットもしたかったので、ちょうど良かったです。

 

体調は、疲労感は変わりませんが、腹痛は

少なくなったと思います。

(でも、これはだいぶ前に肉を控えるようにした

せいかも)

 

というわけで、また変化があればレポートします^^

 

モデルに人気急増中のナチュラルヘルシースタンダード

 

--

※2015/3/26追記

結果レポート記事はコチラ↓

notikemen.hatenablog.com