読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岡山県に住む、ホントにイケメンなのか疑わしい男、ゲンのブログ

人気のフィギュア、体臭対策、プロテイン。あとは雑記って感じです~。


アメリカ合衆国でも「赤ちゃんポスト」を導入

何らかの事情で、生まれてきた赤ちゃんを育てることが

できない場合、赤ちゃんポストに赤ちゃんを入れる。

そんな動きが、アメリカ合衆国でも始まるそうです。

 

赤ちゃんポストの目的

もちろん、郵便局の人が赤ちゃんをどこかへ届けるという

わけではありません。

産まれた赤ちゃんを育てることができないと言って殺害したり、

産まずに中絶する、ということを回避するために導入されました。

 

海外の「赤ちゃんポスト」事情

日本で導入されたのは2007年ですが、海外ではもっと前から

導入されています。

オーストリア、ベルギー、チェコ、ドイツ、ハンガリー、

イタリア、フィリピン、スイス、韓国などの国で導入されています。

 

もともと中絶禁止はキリスト教の考え方なので、

キリスト教国が中心となっています。

 

ちなみに、韓国は儒教の国と思われがちですが、

人口の30%ほどがキリスト教徒です。

 

なんで「ポスト」なの?

僕は、この「赤ちゃんポスト」っていう言い方が

好きじゃないです。

まるで人間をモノのように扱っているような感じがします。

(もちろん、そういう意図ではないと分かっていますが・・・。)

 

「こうのとりのゆりかご」というのが好きです。