読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岡山県に住む、ホントにイケメンなのか疑わしい男、ゲンのブログ

人気のフィギュア、体臭対策、プロテイン。あとは雑記って感じです~。


ブログを書くにあたって気をつけたいこと

どうもこんにちは!こんばんは!ゲンです^^

 

今日は、ふと思ったブログの書き方について語りたいと思います。

 

一番気をつけていること。個人情報の流出・・・^^;

ブログなんて書きたいことを書きたいようにかきゃいいわけですが、

書きたいように書いていて、気づかぬうちに住所や氏名が

特定されたり、顔写真が出回ったりする可能性もあるわけです。

 

facebookなんざ実名が前提なので身も蓋もないと言えばそれまで

なんですが・・・^^;

実世界と違って、ネットなのでやっぱり怖いですね。

 

実世界で知り合いが100人いて、そのうち10人が特別に仲良しさん、

10人が特別に仲が悪い人だとします。

特別に仲が悪い人が危害を及ぼす確率が10万分の1とすると、

実際に危害をうける確率は10万分の1×10で1万分の1になります。

 

さて、ネットで100万人にさらされることになったとすると、

特別に仲良しさんが10万人、特別に仲が悪い人が10万人。

実際に危害を加えられる確率は・・・。1分の1・・・><

 

どんなにいい人でも、100人中100人から好かれるってことは

考えにくくて、(みんなから好かれているところが嫌い!

というあまのじゃくな人もきっといて・・・^^;)

実名や顔出しはリスキーだと感じています。

 

危害というほどのものでなくても、なんかちょっと買い物に

いったときとかに声かけられたりするのも恥ずかしいしさ^^;

 

うっかり個人情報を書き込まないように注意!

直接書いたわけでなくても、個人が特定されちゃう場合もあります。

一番わかり易い例だと、

「縄跳びの◯◯県大会で優勝しました!」

とか。

 

ネットで縄跳びの◯◯県大会を検索すると個人名が

出ていたりします。

 

もうすこし手の込んだリサーチが必要になるのが、

「毎朝乗っている電車は特急の通過待ちがあって・・・」

などです。

ブログの過去記事などを見て、県や市区町村が特定できてしまうと

どの電車に乗っているかがバレてしまいます。

僕は電車は全然詳しくありませんが、詳しい人はビビるくらい

詳しい(汗)。

 

「◯月◯日、子どもの運動会でした~」

とかも、過去記事から学校が特定されたりします。

 

それ考えるとなかなか書けることがないですよね~

困る。

 

ネットでしか知らない人が会いに来た!

そんなストーカーみたいにチェックしている人なんて

いないでしょー、と思うのですが、僕は実際に

ストーキングされたことがありました(恐)

 

僕のブログにちょくちょくコメントくれた方で、

ストーカーでななく熱狂的なファン?みたいな感じなのですが、

実名も出していないし、顔も出していなかったのに

 

「会いに来ました」

 

どうやって特定できたか聞いてみたら、

全部の記事をつなぎ合わせると僕に行き着いたそうです・・・。

すごいと思いました。だって自分自身、書いた記事のすべてを

記憶していたわけではないので。まさかそんなことを

する人がいるのかとビックリしました。汗

 

まとめ。不用意な投稿をしない。でもどうやっても特定されてしまうこともある。

まとめます。

一発で実名や住所が特定できるような不用意な投稿はしない。

これに尽きると思います。

 

でも、どう頑張っても、長くブログを続けていると

1年前の記事とか把握しきれないと思います。

ひょっとしたら読者さんのほうが、ブログの内容に詳しく

なっている可能性はあると思います。

 

 だから、いきなり訪問してきてもびっくりせず、

あたたかく迎えてあげることも大事と思います。

変に拒絶すると、恨みを買ってしまうかもしれませんので^^;

 

自分なりのガイドラインを作り、それにのっとって

記事を書いていくようにしたいものです。

(ついつい感情が入ってしまうんですけどね・・・^^;)