岡山県に住む、ホントにイケメンなのか疑わしい男、ゲンのブログ

人気のフィギュア、体臭対策、プロテイン。あとは雑記って感じです~。


エスニック・ジョーク集 その1

どうも!ゲンです。

 

エスニック・ジョークに最近ハマっています^^

最近というより、だいぶ前からですね。

 

エスニック・ジョークというのはたとえばこんなやつです。

「離婚率がどんどん上がっているのを見ると、アメリカ人ってのはなるほど自由なんだなと思うね」

と男が友人に言った。

「なるほどね」と友人が答えた。

「しかし、にも関わらず、性懲りも無く結婚するやつがほとんどだっていうのは、アメリカ人がまた勇者だってことでもあるね」

 または

フランス人エンジニアがロシア人の友人に招待された。
空港でロシア人はフランス人を温かく迎え、こう言った。


「何か必要なものがあったら遠慮なく言ってくれ。
それなしで済ます方法を教えてあげるから!」 

 こんなやつです。

 

これは結構有名。

幸福とは?
イギリスの家に住み、
日本の女性をめとり、
アメリカの給料をもらい、
中国の料理を食べること。

不幸とは?
日本の家に住み、
アメリカの女性をめとり、
中国の給料をもらい、
イギリスの料理を食べること。

 

これも結構好き。

沈没間際のタイタニック号。
救命ボートが足りないので、
船員は男性客に船に残るよう説得する。

英国人に「君こそジェントルマン!!!」
米国人に「君こそヒーローだ!!!」
日本人に「皆さんそうしてらっしゃいます。」

 

「これのどこが面白いの?」とか

「外国人を侮辱したらいけない!」とか

そういう意見もあると思いますが、ある程度までは

ジョークだと思います。

 

日本人を滑稽に書いている内容のものもあります。

たとえばこんな。

無人島に男2人と女1人が流れ着いた。

さあどうする?

フランス人の場合:

 女は片方の男と結婚し、もう一人と不倫する。

アメリカ人の場合:

 女は片方の男と結婚し、離婚してから次の男と再婚する。

日本人の場合:

 男2人は、どちらが女と結婚したらいいか本社に問い合わせる。

 

マジメに反応しすぎないで楽しめる範囲というのは

人それぞれですね・・・^^;

 

自虐的に笑えるかどうか・・・。

 

もっと知りたい方は下記サイトを御覧ください

民族性ジョーク