岡山県に住む、ホントにイケメンなのか疑わしい男、ゲンのブログ

人気のフィギュア、体臭対策、プロテイン。あとは雑記って感じです~。


コンビニのドーナツ比較。ローソンとセブンイレブン。

こんばんは!ゲンです!

 

 

やっとセブンイレブンのドーナツを食べる機会に

恵まれました^^

 

そして、ローソンのドーナツと食べ比べをしました。笑

 

今日はその結果を紹介したいと思います。

 

ローソンとセブンイレブンのドーナツはどっちがいい?

真っ向勝負です。

全種類は食べられないので、「チョコファッション」で

比較しました。

 

結論から書きます。

どちらも方向性が異なるため比較になりませんでした。あれ?

 

というのは、

 

セブンイレブン:クオリティ高し。大きさ小さめ。

ローソン:そこそこのクオリティ。セブンより大きい。

 

という感じだったからです。

つまり、同じ100円でクオリティを取るか、大きさを

取るかの違いでした。

 

セブンイレブンのチョコファッション

セブンイレブンのチョコファッションは、一言で表すと

「リッチ感」です。

 

ローソンに比べ、よりクリスピーでよりクリーミィでした。

クリーミィの根拠は、生地のミルク感とチョコレートの

ミルク感です。

 

クリスピーの根拠は下図みていただくとわかります。

  • ローソンのチョコファッション

f:id:goldfinger_gensan:20150620014839p:plain

  • セブンイレブンのチョコファッション

f:id:goldfinger_gensan:20150620014855p:plain

 

(セブンイレブンの方は公式サイトの画像が斜めからの

撮影だったため、比較しやすい宇治抹茶にしました。)

 

生地の外側の「割れ方」に注目して下さい。

 

ローソンのほうが割れが小さく、セブンイレブンのほうが

割れが大きいです。リングの半分近くまで割れています。

 

これが何を意味するかというと、加熱時間が長かったり

生地が固かったりすると、割れが大きくなります。

 

つまり、よりクリスピーになるということです。

 

ローソンのチョコファッション

セブンを「リッチ感」と言いましたが、ローソンはどうでしょう。

 

ローソンの場合は「ソフト感」です。

あとは量が多いのも嬉しいポイントだと思います。

 

クリスピーなドーナツは好き嫌いが別れるところでもあるので

もっとソフトなドーナツが食べたいという場合は

ローソンがオススメですよ^^