読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岡山県に住む、ホントにイケメンなのか疑わしい男、ゲンのブログ

人気のフィギュア、体臭対策、プロテイン。あとは雑記って感じです~。


マーケティングについて。マニア向けに情報を発信すること。

こんにちは!ゲンです。

 

先日行ったカフェでかき氷を販売していました。

以前から気がついていたのですが、通りから一番よく

見えるところに「かき氷」の看板を出していました。

 

「店長がんばってかき氷を売りだしているなぁ~!」

と思って、少し前からその「かき氷」が気になってい

ました。

そこで(イチオシの!?)かき氷を食べてみることにしました。

 

「うまい・・・。氷がフワフワじゃん!」

 

たかがかき氷と思っていたのですが、ちゃんとした

いい機械を使って氷を削ってるんだと思います。

屋台のかき氷とはぜんぜん違う。違いすぎる。。。

 

店員さんに聞いてみたところ、やっぱり店長は

高額の機械を頑張って値切って設備投資したそうです。

 

そりゃそうだよな。このフワフワは普通の機械では

できないだろう・・・。

 

それで思ったのが、「かき氷」と売り出すよりも

「Hatsuyuki 初雪氷削機 HF-300Pで作ったかき氷!」

とか、名前を工夫して普通のかき氷と差別化したほうが

売れるんじゃないか?ということです。

 

僕自身がそうだったように、

「かき氷なのに700円!?」

とか、わけわからない値段になっている理由が

食べてからわかりました。

 

食べないとわからないということは、

値段見て買わない人には永久にわからない、

ということです。

 

また、特化したキーワードにするとマニアなお客さんが

来ると思います。

そしてそれはごく少数でしょう。

でも、マニアなお客さんに気に入られれば、

多くの口コミ客を得ることができます。

 

こんど店長に会ったら伝えておこうかと思いますが

あまりおせっかいすぎるのも良くないですね・・・

(;´∀`)