読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岡山県に住む、ホントにイケメンなのか疑わしい男、ゲンのブログ

人気のフィギュア、体臭対策、プロテイン。あとは雑記って感じです~。


流行語大賞2015の候補50個を五十音順に解説込みで紹介してみる!

1. I AM KENJI(アイ・アム・ケンジ)

 「イスラム国」に拘束された後藤健二さん。後藤さんが解放されるよう
祈りを込めて、世界各国の人たちが「I am KENJI」というメッセージと
共にSNSなどに自分の写真をアップした。


2. I am not ABE(アイ・アム・ノット・アベ)

 古賀茂明が安倍政権の安保法案(俗に言われる戦争法案。これが正しい解釈か
どうかは別として。)に反対の意をあらわすため、「I AM KENJI」のように
「I am not ABE」のフリップを掲げ話題となった。


3. アゴクイ

「壁ドン」に引き続くようにして出てきた用語。
「顎クイ」とは、キスをするときに相手のアゴを手で自分の顔の方向に
持っていくこと。

 

個人的には「壁ドン」の二番煎じな感じがするから

流行語にはどうかなーとも思う。でも「アゴクイ」やってみたい!w


4. あったかいんだからぁ。

お笑い芸人クマムシさんのネタ。これが歌になり、シングル化された。


5. アベ政治を許さない

作家であり九条の会のメンバーである澤地久枝さんが
安保法案などの安倍政権の政策に反対するため、

「アベ政治を許さない」と筆で書かれたポスターを掲げようと
提案したことから始まった運動。


6. 安心して下さい。穿いてますよ。

とにかく明るい安村さんのネタ。パンツ一丁でネタをするときに
体勢を変えるとパンツが上手いこと隠れて、パンツを履いていないように
見える。
その後で言うセリフ「安心して下さい。穿いてますよ。」

 

パンツをはくの漢字は「履く」だと

この記事書くまでずーっと思っていました・・・。

 

「履く」は靴や草履をはく時で、ズボンやパンツは「穿く」

なんだそうです。ありがとう安村さん!

 

7. 1億総活躍社会

少子高齢化の流れに歯止めをかけ、誰もが活躍できる社会をつくり上げるために
政府が「一億総活躍社会」というスローガンを掲げて取り組みはじめました。


8. インバウンド

インバウンドとは英語の「inbound」のことで、
「入ってくる、内向きの」という意味です。

外国人を日本に誘致するという意味があります。

 

「爆買い」とも関連する言葉ですね。


9. エンブレム

2020年開催予定の東京五輪。その東京五輪のエンブレムが
盗作ではないかと問題になりました。

佐野研二郎氏の事務所にはその後たくさんの盗作疑惑が
出てきてニュースを賑わせましたね。

 

世間を騒がせたというのと流行というのとは

ちょっとちがう気がしますが・・・。


10. 大阪都構想

大阪府と、その域内にある政令指定都市である大阪市(または堺市も含む)
を統合し、現在の大阪府と大阪市の二重行政を解消しようとするものである。


11. おにぎらず

なぜか急に出てきたキーワード。「おにぎり」がごはんをにぎるのに

対し、「おにぎらず」はのりの上にご飯をのせて、のりをたたむように

してごはんを包むだけ。

おにぎりと違って作りやすく、おべんとうを作る主婦の間に

浸透していきました。


12. オワハラ

就職活動中の学生に、企業側がこれ以上就職活動をしないよう

圧力をかけるハラスメント行為をオワハラといいます。

「就職活動終われハラスメント」を略して「オワハラ」です。


13. 駆けつけ警護

離れた場所にいる国連や民間NGOの職員、他国軍の兵士らが
武装集団などに襲われた場合に助けに向かう任務。
政府は、現地の治安当局や国連PKOの部隊などからの情報を得て、
自衛隊の部隊長の判断で実施を決めるとしている。

(コトバンクより)


14. 下流老人

下流老人(かりゅうろうじん)とは、
「生活保護基準相当で暮らす高齢者およびその恐れがある

高齢者」のこと。

生活困窮者支援を行うNPO法人ほっとプラス代表理事で、
社会福祉士の藤田孝典がつくった造語


15. 切れ目のない対応

政府が発表する防衛白書に記載された「国の存立を全うし、
国民を守るための切れ目のない安全保障法制の整備」のタイトル中の
「切れ目のない」対応のこと。
文書中に「切れ目のない」という言葉が何度も出てくる。

・日本の自衛隊と日本に駐留している米軍との切れ目のない連携。
・警察機関と自衛隊を含む関係機関が役割を分担し、切れ目のない十分な
対応を確保

要するに日本国内における「日米の連携」「国内各機関の連携」
強化するのが目標のようです。(注:僕のつたない読解力による。)


16. 結果にコミットする

ご存知、ライザップのCMのキャッチフレーズです。


17. 国民の理解が深まっていない

安保法案の話ですね。誰が言い出したんでしょう?


18. 五郎丸ポーズ

ラグビー日本代表の五郎丸歩選手がキックの前にとるポーズ。

f:id:goldfinger_gensan:20151114175237j:plain


19. シールズ(SEALDs)

正式名「自由と民主主義のための学生緊急行動」という学生団体です。
安保法案反対派で知られる。

 

今回の流行語大賞は安保法案関連が多いですね。


20. 粛々と

普天間飛行場移設問題で菅官房長官の「粛々と」という発言を
繰り返したことに沖縄県の翁長知事が怒りを表した。


21. サードウェーブコーヒー

自家焙煎もしていた自称コーヒー通の僕が
うっすらとした説明をします。汗

第一の波(ファーストウェーブ)
 1950年くらいにコーヒーが流通した過程。
 「味はともかく、黒い飲み物は全部コーヒーだぜ!」の時代

第二の波(セカンドウェーブ)
 スタバなどのエスプレッソにミルクを入れるラテ系の
 コーヒーが拡大。コーヒー自体の味やクオリティも
 こだわりができる。

第三の波(サードウェーブ)
 さらに品質にこだわり、ハンドドリップで一杯ずつ入れたり
 豆をとにかくこだわったりする。
 
 僕個人的には、淹れ方や豆はセカンドウェーブでもかなり

 極まっていたと思う。だから、サードウェーブ自体が

 セカンドウェーブとあまり変わらない感じがする。


22. 自民党、感じ悪いよね

石破茂地方創生相の発言。


23. 上級国民

佐野研二郎の五輪ロゴ問題のときにネットで流行した言葉。
五輪組織委員会が会見で「一般国民」という言葉を使った
ことから、その反発の過程で「上級国民」という言葉が
広がった


24. スーパームーン

2015年の9月28日のでっかい満月のこと


25. 戦争法案

ご存知。「戦争法案」という言い方には

いろいろ意見がある人が多いはず。

会社の飲み会でのNGワード。


26. 存立危機事態

集団的自衛権を使う際に前提となる三つの条件のひとつ。
「我が国と密接な関係にある他国に対する武力攻撃が発生し、
これにより我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び
幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある事態」

難しい。


27. チャレンジ

一年生。

じゃなくて、東芝を組織ぐるみの不正に走らせた言葉。


28. テロに屈しない

イスラム国による人質事件での言葉。


29. 刀剣女子

刀剣乱舞というゲームが流行したことをきっかけに、
日本刀などに興味を持つ女子のこと。


30. ドラゲナイ

「Dragon Night」の発音が「ドラゲナイ」に

聞こえることが由来であるが、どこか形容詞に

聞こえることからネットスラングとして定着。
(ニコニコ大百科(仮)より)

特に意味はないらしいです。使い方が難しい。


31. トリプルスリー

トリプルスリーとは、プロ野球において、打者が同一シーズンに「打率3割以上・本塁打30本以上・盗塁30個以上」の成績を記録することを言う。

(Wikipediaより)


32. とりま、廃案

渋谷で行われた戦争法案反対高校生デモで掲げられた
ポスターの言葉。
18歳選挙権との絡みもあって、高校生が政治活動を行ったことが
注目された。
「とりま」の意味は「とりあえず、まあ」


33. ドローン

空飛ぶ軽量のヘリコプター。よく落下して騒ぎになった。

常識で考えたら落ちてきて頭にあたったら超痛いのに、

なぜか落ちない前提で話が進んでいる夢のおもちゃ。


34. はい、論破!

イヤミ課長のセリフ。ちなみにイヤミ課長を演じているのは

俳優の木下ほうかさん。


35. 爆買い

大量に購入することを「爆買い」という。

おもに中国人が日本で大量に物品を購入する姿から

この言葉がうまれた。


36. 白紙撤回

新国立競技場が建設費の問題をうけて見直しとなったこと。

 

37. 早く質問しろよ

民主党の辻元清美氏の質疑中に、安倍首相が「早く質問しろよ」と
ヤジを飛ばした騒動。


38. 火花

お笑い芸人の又吉直樹さんが書いた中編小説。
芥川賞受賞作。


39. 福山ロス(ましゃロス)

福山雅治さんが吹石一恵さんと結婚したことで、福山さんが

所属するアミューズの株価が急落した。

 

また、福山雅治さんのファンがショックで会社を休む(辞める)

人が出た(らしい)。

これら経済的(精神的)損失のことを「福山ロス」という。


40. フレネミー

一部では「フレミネー」という記事もありますが、

正しくは「フレネミー」

 

フレンド(friend)エネミー(enemy)を合成させた言葉で、

友達だと思ったら実は敵だった、という女子のエピソードから

うまれた言葉。


41. プロ彼女

コラムニストの能町みね子さんが生み出した言葉。

一般的な解釈は「非の打ちどころのない女性」のこと。

 

能町さんの定義は、「有名人と付き合うためのテクニックを

備えた一般女性」のこと。有名人ハンターということですね。


42. 北陸新幹線

これが何で候補なのかよくわからない。


43. マイナンバー

一人にひとつ。マイナンバー。


44. まいにち、修造!

松岡修造氏の日めくりカレンダー。

欲しい。


45. ミニマリスト

最小限のもので生活を成り立たせようとする人。

オレのこと!?


46. モラハラ

モラルハラスメント。精神的な嫌がらせ、虐待のこと。

モラルハザードとか、モンハンは別物。


47. ラッスンゴレライ

ナゾの芸人の芸。

手を叩きながらのギャグは韓国の芸そのもの!?


48. ラブライバー

「ラブライブ!」のファンのこと。

このブログにもラブライブのフィギュア記事がある。↓↓

 

notikemen.hatenablog.com


49. ルーティン

No.18の五郎丸ポーズや、イチロー選手の打席に立った時の

一連の決まった動きのこと。


50. レッテル貼り

こうだと決めつけること。

例文1:安保法案は戦争法案というのは「レッテル貼り」だ。

例文2:岡山のゲンのブログがつまらないというのは「レッテル貼り」だ。

 

以上です!


どれが大賞になるかの予想は、当たった試しがないから

やりません!w