岡山県に住む、ホントにイケメンなのか疑わしい男、ゲンのブログ

人気のフィギュア、体臭対策、プロテイン。あとは雑記って感じです~。


人気のレトルトカレーをレビュー・口コミとともに紹介!

どうも!岡山のゲンです。

野菜中心の生活にもレトルトカレーは活躍しますよ!

 

野菜サラダとカレーうどんは僕の好きな

組み合わせです。(あ、別々の器に盛り付けますよ^^;)

 

てことで、レトルトカレーのランキングです。

 

1. 銀座カリー 中辛 180g×5個

銀座カリー 中辛 180g×5個

評価

4.6

 

商品紹介

特性2段仕込みブイヨンでまろやかなコクソテーオニオンを使用し甘みと旨みを最大限に引き出しました。独自のカレー粉を使用しキレのある味わいです。あらたにソテービーフを使用しビーフの香りとコクをアップしました。洋食屋の味にこだわったソースで煮込んだビーフは絶品です。

 

レビュー

★★★★★市販の中で
一番美味しいと思います。
レトルトなのにレトルト感をあんまり感じない逸品!

★★★★★牛肉と玉ねぎが美味しい高級レトルトカレーの定番
一般的なレトルトカレーと比べて最初に違いを感じるのは香りです。
レトルトカレーに特有の変なスパイスの匂いではなく、デミグラスソースに近い食欲をそそる香りがあって、「レトルトなのに料理の匂いがする」と感じます。
形が残っている具材は牛肉と玉ねぎだけでジャガイモやニンジンなどは入っていません。
心なしか、以前よりも玉ねぎの存在感が増して食べやすくなったような印象があります。
かつてレトルトカレーは不味いものばかりだったので初めて銀座カリーが登場した時その美味しさに驚きました。
今ではレトルトカレーも味の良いものが多く流通するようになったので当時ほどのインパクトはありませんが、満足のいく鉄板の美味しさであることは変わりません。

★★★★★なかなかの味
昔カレーをモチーフとしているとのことですが、味は今風の甘味のあるカレーなので、誰にでも合うと思います。
2日めのカレー的な旨味のある味で大変おいしいカレーです。具はビイフのみ(+玉ねぎ)で、肉の風味を生かしたカレーです。辛さは一般的中辛だと思います。

★★★★★マイルドだけどスパイシーでおいしい
味はマイルドで口当たりが柔らかいですが、後からスパイシーな辛さがきます。
辛さも香辛料の上品な辛さでおいしいです!
具がしっかりとあって、個人的にはタマネギがしっかり形を残しているところが特に好きでした。
割とスーパーなんかでも見かける、そんなに高くないレトルトカレーですが同じ価格帯のものを選ぶならこれが美味しいので、これをお勧めしたいです。

★★★☆☆乳糖入り。メーカーさんの勇気に感謝。
乳糖不耐性の人にはかなりの確率でおなかの調子が。
でも、原材料に乳糖の表記は助かりました。

 

2. S&B 噂の名店 バターチキンカレー お店の中辛 200g×5個

S&B 噂の名店 バターチキンカレー お店の中辛 200g×5個

評価

4.3

 

商品紹介

第2回神田カレーグランプリ優勝し、日本一のカレー激戦区、東京神田で名をとどろかせる名店です。
代表メニューである「バターチキンカレー」は、完熟トマトの旨み、酸味に濃厚なバターが効いたマイルドな北インド風カレーです。
ホットな辛さが後をひくおいしさです。

 

レビュー

★★★★★別メーカーのより美味しいです
近所のスーパーで売られていたのを試しに買ってみたら美味しかったので、リピートしようとしたら売り切れ。
補充もないし探していたところ、Amazonさんで見つけたので購入しました。
試しに別メーカーのバターチキンカレーも同時に買いましたが、
断然こっちのほうが美味しいです。

★★★★☆トマトとバター好きなら
マンダラという店は知らないけど、パケの期待を裏切らない味。
トマトの酸味とバターの風味と辛みが上手く絡み合っていて
ご飯だけでなく、パスタでも美味しく食べれる。
お肉はパケの見た目ほどじゃないけど、それなりに見える肉が何個かあったので具を足さなくてもこれだけで満足出来るレトルトだと思う。

★★★★☆まろやかで濃厚な味わい
東京神田の有名店マンダラとのコラボ商品。
オレンジ色で少々赤い油が浮く、具は鶏肉のみ、大きさもまあまあ。香りはやや控えめだが、口に入れると十分スパイシーでインド風、辛さは中辛よりやや辛め、舌に刺激は感じるが痛いほどではない。ルーはとろりとしてコクがあり、スパイシーさとトマト、バター、生クリームといった素材の味わいが混ざり、濃厚。ご飯との相性もよく美味。鶏肉もさっぱりとしているが味が染みこんでなかなか美味しい。これは美味しいです。325カロリー、塩2g。レトルトではかなりカロリーが高いので注意。

★★★★★インドカレー屋さんのレベル!
今まで食べたレトルトの中では最高です。鶏肉を追加で入れたり、カイエンペッパーを入れたりして好みにアレンジしています。お店で出されても満足出来るレベルです。2ヶ月毎の定期購入を申し込んでいますが、1ヶ月毎に変更しようか悩んでる位ですw

 

3. 江崎グリコ 常備用カレー職人 (中辛) 180g×10個

江崎グリコ 常備用カレー職人 (中辛) 180g×10個

評価

4.2

 

商品紹介

いざという時の備えに! 温めずにおいしく食べられるカレーでございます。植物油脂を使用しているので、常温でもおいしくなめらか。日が使えないなどの非常時に、ご飯などにそのままかけて食べられます。1食(200g)で、120kcal摂取可能でございます。製造後の賞味期限が3年と、長期保存が可能でございます。中辛。

 

レビュー

★★★★☆美味しいけど過度な期待は駄目
温めずに箱から出してすぐに食べられます。
しかも味も他のレトルトカレーに劣ることなく美味しいです。
中辛を買いましたが食べたあと喉にピリッとくるくらいです。
非常食としてはとても優秀だと思います。(非常食としてなら甘口のほうがいいかもしれません)
キャンプなどでも活躍してくれると思います。
ただし具の量自体はそれほど多くはありませんので期待しないほうがいいです。
カロリーも120kcalでそれほど高くありません。
ちなみに2014年8月5日に購入しましたが、商品の賞味期限は2017年6月8日でした。
箱に記載されてるとおり大体2,3年くらいの賞味期限ですね。

★★★★★暖かいご飯さえあれば、OK!
名前のごとく、暖めなくてサラっとしたカレーですから、非常に食べやすいです。
味も満足いくものですし、何よりも余計な油分が控えめなので、ヘルシーとも思いますよ。非常時に食べるにも、日常のちょっと手抜きをしたい日にも打って付けのカレーだと思います。(^0^)v

★★★★★旨い!
非常時ではなく、普段使いでサトウのごはんを温めて、その上からこのカレーをそのまま温めずかけて食べています。
キャンプでも便利ですし、会社にごはんとセットで置いておいて、時々昼飯にご飯をレンジでチンして使ってます。
非常用食品というと味がイマイチなイメージが有りますが、これは本当においしいです。

★★★★★常備してます
値段も、保存期間もさることながら、猫舌の私には温かいご飯に暖めないで使えるレトルトカレーはぴったりのアイテムです。非常食だけでなく、常に愛用しています。

★★★★★暖めるの面倒な人に
おすすめです。
市販のレトルトだと暖める前提のとろみがありますが
比較してさらっとしており、さくっと食べれて
アレンジにも使いやすいです。

 

4. 新宿中村屋 インドカリーベジタブル 200g×5個

新宿中村屋 インドカリーベジタブル 200g×5個

評価

4.5

 

商品紹介

商品紹介
日本のカリー文化はここから誕生しました。インド独立運動の志士ラス・ビハリ・ボースが、日本への亡命を手助けした創業者夫婦に心を込めてふるまった祖国のカリー。その感動が中村屋「純印度式カリー」の味まり。昭和2年から受け継がれている味わいにこれからも磨きをかけ、伝え続けてまいります。 じゃがいも、にんじん、かぼちゃなどの野菜と豆類を、じっくり炒めた玉ねぎ、トマト、オリジナルスパイスで仕上げたソースで煮込みました。生換算で150gの野菜がたっぷり入った女性に大人気の贅沢なベジタブルカリーです。

原材料・成分
野菜(じゃがいも、にんじん、いんげん、しょうが、にんにく)、ソテーオニオン、揚げカボチャ、トマト・ピューレーづけ、食用油脂(からし油、ラード、オリーブ油)、トマトピューレー、ココナッツミルクパウダー、ひよこ豆、小麦粉、砂糖、カレー粉、香辛料、チキンエキス、カシューナッツパウダー、トマトペースト、ポークブイヨン、チキンブイヨン、食塩、酵母エキス、バター、香味油、調味料(アミノ酸等)、パプリカ色素、塩化Ca、香辛料抽出物、(原材料の一部に大豆を含む)

 

レビュー

★★★★★中村屋カレーシリーズで一番美味しい!
ほぼ全種類食べましたが、リピはこちら。
パッケージ写真に偽りなく、かぼちゃ、にんじんなどがゴロゴロ入っており、一人暮らしで不足しがちな栄養も、ワンディッシュでかなり補えます。
辛さは…たっぷり野菜の甘味のおかげもあってか、シリーズの中では控えめ。中村屋カレーシリーズのスパイスは具材によってかなり変えられているような印象ですが、スパイスと具材との相性はこれが一番あっている気がしました。
レトルトとは思えない、野菜の大きさ、煮崩れせず煮込まれた味わいと食感は、忙しくてカレーなんか作っていられないけど、今日ゆっくり自宅でカレーが食べたい!という一人暮らしの人々の強い味方です(笑)他のレトルトとは一線を画する見た目と味わいですから、満足感が違います。

★★★★★やめられない味!
一人暮らしを始めてからレトルトカレーを食べる機会が増えました。もうかなりのカレーを食べてきましたが、その中でインドカリーベジタブルはまさに驚きの味でした。
いろいろなレトルトカレーを食べてきてこんなにも何回も食べたくなるカレーはありませんでした。インドカリーベジタブルはかなりスパイスがきいています。辛さもちょうどよい5つ中の4番目。
お手頃価格でこんなにおいしく食べられるカレーはなかなかないと思います。

★★★★☆お店のカレー
レトルトカレーの味をイメージして購入しないほうが良いです。
喫茶店のカレーでもなく、なくちゃんとしたカレー専門店の味でした!
とても美味しかったです。
ただし、「子供がカレーライス食べたい!」と言ってきた場合は
このカレーはあまりオススメしません。
辛さは少ないのですが結構本格的なカレーで子供の思う
カレーライスとは違うかもしれません。

★★★★☆飽きのこない味わい
中村屋のカレーシリーズは有名ですが、スパイスに独特の癖があり、中にはウスターソースのツーンと鼻をつくような香りがする場合もあり、必ずしも満足できるものはありません。これまでは、インドカリーチキン中辛をよく食べていました。今回、初めてベジタブルを食べましたが、辛さは程々に抑えてありますが、なんと言っても、ふんだんに入っている野菜が美味しく、ルーにもその旨み・甘味がよく溶け込んでいて、従来のスパイス一辺倒のインドカリーとは一線を画した出来になっています。飽きのこない味わいで推薦できます。

★★★★☆美味い!オススメ
謳い文句どおり、野菜がたっぷり入っていて、煮込み具合がちょうどいい。特に豆とカボチャがいい。
ただし、パッケージの見本写真ほどのボリュームはないので、7割くらいのイメージでいればがっかりしないと思う。
スパイスの香りもよく引き立っており、辛さはそれほどでもないが食べ応えがある。味、具のバランスが取れており、これならリピート間違いなし。
昨今は、インド料理屋さんが増えている反面、値段の割りにあまり美味しくない(物足りない)お店も多い。そうしたお店のカレーよりむしろ美味しいこの商品が300円しないで買えるのだから、ありがたいと思う。同シリーズの他の商品も試して見たい。

★★★★☆大きな野菜が沢山!
レトルトのカレーは美味しくないというイメージでしたが、
商品パッケージの通り大きな野菜がゴロゴロ入っていて、とても美味しく頂きました。
手頃で美味しいですし、今後も買ってみたいと思わせる商品でした。

 

5. ハインツ ビーフカレー辛口200g×10袋

ハインツ ビーフカレー辛口200g×10袋

評価

4.0

 

商品紹介

香辛料、たまねぎやりんご、チャツネ等をバランスよくブレンドし、スパイス感のある本格派のカレーに仕上げました。唐辛子の効いた辛口ビーフカレーです。時間をかけて作り上げたハインツ自慢のカレーの1つです。便利な1人前ポーションタイプです。非常食や忙しい時の食事に最適です。

 

レビュー

★★★★★おいしいです。
中辛は、レトルトカレーとしては、かなり秀作の味だと思います。
常備品として愛用しています。
しかし、以前は、ひとつ120円以下で売っていたのに
ここ最近は、ずっとひとつ190円なので残念です。

★★★★☆保存食に
何があるかわからないので保存食として買いました。
味もいいです。

★★★★☆変わらないおいしさ
とにかく味が気に入っているのでついつい買ってしまいます。普通にご飯をかけて食べても十分おいしく食べられますが、麺類にかけてカレーうどん、そばにしてもとてもおいしく食べられます。

★★★★★辛味がきいてる
業務用のカレーらしい辛さがいいです。100円前後でこのクオリティはコストパフォーマンスが良いとおもいます

 

6. ボンカレーゴールド中辛 180g×10個

ボンカレーゴールド中辛 180g×10個

評価

4.6

 

商品紹介

レトルトカレーの定番「ボンカレーゴールド」が2013年2月12日で発売45周年を迎えました。
新しい「ボンカレーゴールド」では調理方法をお湯で温めるのではなくレンジ調理にすることで、ソースも具材も単時間でムラなく温まり、スパイス本来の豊かな香りを引き出す事に成功しました。
フタを開け、箱ごとレンジで2分で出来上がり。
じっくり炒めた玉ねぎのコクと旨みが特徴の中辛カレーです。
お湯でも温められます。中味の封を切らずに沸騰したお湯の中で、3~5分温めて下さい。

 

レビュー

★★★★★非常に便利
湯銭では無く、電子レンジで温めることが出来るのは非常に便利。この電子レンジ対応商品の種類を増やして欲しい。

★★★★★世界初のレトルトカレー
このシリーズが発売されて47年、1968年に世界初のレトルトカレーとして
発売されました。この年メキシコ五輪ではサッカーの日本チームが見事
銅メダルに輝きました。
そしてボンカレーもセンセーショナルなデビューを果たしました。
「琴姫七変化」主役を演じた女優松山容子のパッケージは忘れられません。
初期の頃の少し癖のある味から、現在はすっかり改良されて一段と
おいしくなっています。

★★★★☆まさに定番、王道のカレー!
具は
じゃがいも 2センチ角 6個
人参 1センチ角 無数
牛肉 1センチ角 微量
入っていました。牛肉すこし少ないですが、野菜が大量に入っていたので満足です。
食べやすい大きさで美味しいです。

★★★★★ルーは
定番のまろやかな味です。辛さは殆どないので中辛より甘口に近いかもしれません。
コクや深みもそれなりにあり、美味しいです。

★★★★★結論
総合的に見て、まさに王道の定番カレーです。
レトルトカレー最大手の製品より作りこまれていて値段から考えても完成度が高いです。
オススメします!!

 

7. ハウス カリー屋カレー中辛 200g×10個

ハウス カリー屋カレー中辛 200g×10個

評価

4.0

 

商品紹介

内容量:200g×10個
商品サイズ(高さ×奥行×幅):169mm×260mm×110mm
原材料:野菜(じゃがいも、にんじん)、小麦粉、牛脂豚脂混合油、牛肉、砂糖・ぶどう糖果糖液糖、カレーパウダー、トマトペースト、食塩、でんぷん、ソテーオニオン、酵母エキス、しょう油、ガーリックペースト、オニオンパウダー、香辛料、ガーリックパウダー、チキンブイヨン、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、香料、酸味料、甘味料(スクラロース)

 

レビュー

★★★★★優しい味でした。
とても上品な、やさしい味でした。
他社の商品に比して、万人に向く美味しさに、感激しました。

★★★★★辛いです。でもあとを引く辛さ!
大辛の名に恥じない辛さといっても、辛いもの好きの人には物足りないかもしれませんが、一般人の私には十分な辛さです。
レトルト食品は時間のないときや、副食を食べたい時に重宝するので助かります。

★★★★★サスガっす!
さすがのカリー屋のカレーです。私は辛いカレーが好きなので、これくらいで丁度良いです。
特別に安いわけではないのですが、まとめて配送してくれ、買いに出なくてもよいのがメリット。

★★★★☆レトルトにしては本格的な味に近く美味しい
レトルトの中で価格と品質のバランスが大変良い商品だと思います。味や香りもよくコクもしっかりしていて本格的なカレーに近いと思います。具もレトルトカレーのなかでは大き目のような気がします。

 

8. ハウス とろうま牛角煮カレー(こくの中辛) 210g×5個

ハウス とろうま牛角煮カレー(こくの中辛) 210g×5個

 

評価

4.0

 

商品紹介

 

 

レビュー

★★★★★コクのあるカレーだと思います
カレーソースは比較的シチュー風でさらっとしているのだが、見た目よりコクがあり最近食べた
フツウのレトルトカレーより明らかに深い味わいでした。そして何といっても印象的なのが牛角煮
で、口の中に入れた瞬間にとろけるような感じでおいしく食べ応えあり。
いろいろなレトルトカレーを食べてきたが、確かにコクという意味では本物であり、100円前後の
ものではこの食感は出せないと思う。辛さもほどよくかなり満足感のあるカレーでした。

★★★★★めちゃ美味です
お肉のボリュームを増す為に、予め圧力鍋で柔らかくしていたお肉に絡めて暖めて食べると最高です。
辛いのはちょっと最近苦手になってきましたが、何も味付けしてないお肉に絡めるので程よい辛さとなり、めちゃうまです!

★★★★★美味しい!!
とろとろに柔らかい牛肉がごろりと入っていてとても美味しいです!
辛口が好きなのでもっとスパイシーでも良かったけど.....万人にはこんなもんか?
常備用として又リピート予定です。

★★★★☆まぁまぁおいしいですよ
100円で売られているレトルトカレーばかり食べていたのですが、
たまには、こうしたものも・・・ということで購入してみました。
1個当たり300円くらいしますので、100円のものとは当然ですが味も違います、おいしいです。
あくまでレトルト商品ですから、カレー専門店や、自宅で作ったカレーよりは若干おちる気はしますけども、
それでもこの値段でおいしいカレーがおうちで食べられるのですからいい商品だと思いますよ。

 

1番と2番と4番を食べたい!