読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岡山県に住む、ホントにイケメンなのか疑わしい男、ゲンのブログ

人気のフィギュア、体臭対策、プロテイン。あとは雑記って感じです~。


水を出さないカフェっておかしくない!?

どうも!ゲンです!

 

こないだ、行きつけのカフェが改悪して

水がセルフサービスになっていました。。。

 

マジで、なんていう頭の悪いことをしてるんだろうって

感じです。

 

なぜカフェで水がでてくるのか?

そもそもなんでカフェとか外食をすると水が出てくるのか?

説はいろいろあります。

 

水を出す習慣はもともと海外のものだったけれど、

ファミレスの浸透とともに日本に広がっていったという説。

 

炭酸水しか出ないような地域では、水は貴重ですし

喜ばれるサービスになったのだと思います。

 

が、それはあくまで一般的な説!

 

水を出すメリットはたくさんあるんですよ。

 

水を出さないカフェ必見!?水を出すメリット

水を出すメリット。

水は飲むため。もちろんそうですが、店員にとっては

他の意味があります。

 

いろいろあるけど、ひっくるめていうと

「コミュニケーション」

これです。

 

「ようこそお越しくださいました!

のどが渇いているでしょう。」

 

店員の笑顔とサービスを見せる最初のチャンス。

 

「いらっしゃいませ」とお迎えしたあと、

お客様の様子を確認するチャンス。

 

定期的にテーブルを回って、おかわりを確認するとき

お客さんの様子をここでまた確認できます。

 

「料理に満足がいったか」

「何かほかに欲しがっているものはないか」

「エアコンの温度が適正か?寒そうにしていたり

暑そうにしていないか?」

 

などなど。

 

たとえば、何か不手際があって、

機嫌悪そうにしていたら、ラウンド

(水を持って客席を回ること)しているときに

気がつくわけです。

 

気が付かずにそのままになっていて、

あとで大きなクレームになることがあります。

未然にそのようなクレームを防げるわけです。

 

まさにコミュニケーションがいかに大事かということ。

 

カフェやレストランってただお金を払って

飯を食うだけのところじゃないんですよ!

 

行きつけのカフェなんて、店員がわざわざテーブルまで

やってきて、

「水はセルフサービスになってます。あちらから

お取り下さい」

って・・・。

 

テーブルに来るときについでに持ってくりゃいいじゃんww

 

完全に仕事をなめきってますよね。

 

 

ただお金をもらうだけのために仕事している人って

こういうところが思考停止してますよね。

 

まとめ

そういうわけで、カフェやらレストランでは

かならず水を出しましょうってことです。

 

オーナーの皆さん。

時間(人件費)がもったいないとかいって

ケチるところじゃないですよ。

 

サービスが悪かったりクレームになったらお客さんが減るんです。

二度とこないんですよ!

 

今回は「水を出すこと」について語りました。

経営についてもっと知りたい方はエニグルっていう

サイトをつぶさにチェックされることを強くおすすめします!

 

■エニグル

飲食店の儲けの秘密