読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岡山県に住む、ホントにイケメンなのか疑わしい男、ゲンのブログ

人気のフィギュア、体臭対策、プロテイン。あとは雑記って感じです~。


神野三枝さんの著書があったので紹介!

最近話題になっている神野三枝さんの著書を

発見したのでご紹介します!

 

 

 

母への礼状―人生は生き方次第 神野三枝

母への礼状―人生は生き方次第

 

内容(「BOOK」データベースより)

東海ラジオ「宮地佑紀生の聞いてみやーち」の人気パーソナリティが母の人生と自らの生い立ちを素直に綴った。いま、生き難さを抱えているあなたに贈る感動の手記。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

神野/三枝
1965年、愛知県岡崎市生まれ。岡崎市立城北中学・学校法人聖カタリナ学園光が丘女子高等学校・金城学院大学短期大学部卒業。1991年タレントとして デビュー。東海ラジオ人気長寿番組「ぶっつけワイド」をはじめ数多くのテレビ・ラジオ番組にてパーソナリティー、コメンテーターとして出演。企業各社と専 属CM契約を結ぶ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

 

レビュー

★★★★★パワーを頂きました!
東海ラジオ、聞いてみや0ちでもお馴染み、神野三枝さんのご本、改めて、神野さんから、パワーを頂きました。

★★★★★感動の一冊
強く生きる勇気をもらいました。
ありがとう。この本に出会えて良かった。

★★★★☆こってり赤味噌のような感謝と愛情
自分史を、赤裸々にこれでもかと文字化された一冊。ラジオから聞こえる声、何もかも取っ払ったような明るさ、
その1つ1つに蓄積された強さと真摯さが裏付けされている事がわかる。
両親の宿命の元、思春期の感情をメーターいっぱい振り切る出来事が盛りだくさん。
翻弄されながらも、驚くほど客観的な視点で描かれているので、読んでいるだけで
当時の彼女の様子がヒリヒリと追体験出来てしまう。
思わず投げやりの人生を送ってしまいかねない幼少期~成人するまでのヒストリー。
お母様の手厚い愛情にがっちりと守られ、また娘としても愛情を返してきた、そのやりとりのお陰で
豪快ながらも繊細な気遣いが出来るマルチタレントの素質が培われたに違いない。
人としての感謝と誠実さ、コツコツと重ねた努力が人脈を作り、成功へと導かれることを証明してくれる
教科書のような一冊。これを読むことで、自分に足りないハングリーさを改めて実感できる。
神野三枝という人が唯一無二であることを改めて認識し、そして同時に少し悲しく思ってしまう。