読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岡山県に住む、ホントにイケメンなのか疑わしい男、ゲンのブログ

人気のフィギュア、体臭対策、プロテイン。あとは雑記って感じです~。


高杉真宙さんの掲載されている雑誌をピックアップ!

どうも!ゲンです!

高杉真宙さん、カッコいいですよね!

 

高杉真宙さんの基本情報はこんな感じです。

 

生年月日:1996年7月4日
星座:かに座
出身地:福岡県
血液型:A型
事務所:スパイスパワー

 

高杉真宙さんの掲載されている雑誌をガツッと調べてみましたw

 

 

 

高杉真宙 Photo Collection METAMORPHOSIS

高杉真宙 Photo Collection METAMORPHOSIS

 

内容紹介

著者/高杉真宙 撮影/大塚秀美

俳優・高杉真宙初のフォトコレクション。多くのドラマ、映画、舞台で活躍し、主演映画『ぼんとリンちゃん』で
第36回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞受賞、2015年6月から東海テレビ・フジテレビ系『明日もきっと、おい
しいご飯~銀のスプーン~』でも主演を務めるなど、現在躍進中の彼。様々な役柄を高い演技力で演じる彼
のいくつもの側面を、スチール表現を通して切り取る。
テーマは“METAMORPHOSIS=変身”。“もうひとりの自分=Doppelganger”の目から逃れるため次々と
姿を変えていく高杉真宙のフォトストーリーを軸に、彼の現在のすべてと、さらなる可能性にまで踏み込んだ
作品の数々を、18歳のラストデイにお届けします。

 

レビュー

★★★★★"""変身"""
私は仮面ライダー鎧武で高杉真宙くんのことを知り、ファンになりました。この本の発売が決定した当初は購入するか否か迷っていましたが、高杉真宙くんが好きな人なら買わない手は無いと思います。
サイズが大型本ということで、届いた時の大きさに驚いたと同時に少し興奮を憶えました。
そして、肝心の内容はと言うと…
高杉真宙という人物の様々な一面を垣間見ることが出来る非常に濃厚な作品でありました。彼の女装姿は個人的に必見です。

これからも彼にはどんどん活躍の場を広げていって欲しいです。駄文失礼いたしました。

★★★★★色々なタイプの写真があるので、どれかは必ず気に入るはず!
テーマが「変身」だったので、色々なファッション・シチュエーション・表情が見れて、楽しかったです。
きっと気に入る写真が見つかるはずです(^^)
ただ、女装は、思いのほか男らしいな・・・という感じはありました。
あと、本のサイズが大きすぎます。普通の写真集サイズで良かった。

★★★★★綺麗な顔と幅広い表情が魅力!
久しぶりに魅力的な俳優さんを見つけ、早速購入しました。サイズが大きく、内容もタップリで高杉さんとスタッフさんの熱が感じられて良いです!

高杉さんは変身願望があるとの事で、変身をテーマに様々な顔が見られ、何度読んでも飽きない一冊だと思いました。

若いのに演技の幅が広く、見ている人を飽きさせない高杉さんの魅力にこれからも注目していきたいですし、どんどん色気が増すであろう高杉さんの美貌を、また10年後20年後に写真集にして欲しいです。今から高杉さんのより大きな成長を楽しみにしています。

 

TricksterAge Vol.29 (ロマンアルバム)

TricksterAge Vol.29 (ロマンアルバム)

 

 

TricksterAge vol.21 (ロマンアルバム)

TricksterAge vol.21 (ロマンアルバム)

 

レビュー

★★★★★”怪優”村田充の気持ち
 114P 定価920円+税 ポスターはMSSPのお二人。
大好きな村田充さんの記事が読みたくて購入。大正解だった。
黙って立っているだけでその場の空気を一変させてしまう絶大なオーラの持ち主。どんなに考えても他に似ている役者さんはいない。
そんな村田充さんの苦悩と挫折、そしてその口から語られるのは意外にも”怖さ”という言葉。これらが12Pにわたって綴られている。
独特な演技プランは本当に興味深い。あのペダステの舞台でさえこんな思いで立っていたのか・・というちょっとした衝撃さえ受ける。
最後に語られる将来についてはやはり演出側にという思いが語られていたが、いつか鈴木君と玉城君を起用出来たらという夢もあり。
その夢が実現するまでファンは目が離せないという素敵なお土産を残してくれた。
その他MSSPの記事が20P以上ありファンには嬉しい。
廣瀬智紀君の映画「セブンデイズ」も10Pにわたり特集されており、ファンにはたまらない内容になっている。
トリスタでいつも感じる事はカメラマンさんが秀逸なのだと思う。どのページの役者さんも表紙もすごく味があって重みのある瞬間が
切り取られていて活字のないページでも見入ってしまう。充さんのスーツ姿は圧巻でした。

★★★★★カッコいいです!
いつもより大人っぽく男っぽい表情の表紙にやられました。うっとりです。
俳優高杉真宙の素晴らしさも知ることが出来て、今後の作品を観るのがますます楽しみになりました。

 

TricksterAge Grande Winter (ロマンアルバム)

TricksterAge Grande Winter (ロマンアルバム)

 

レビュー

★★★★★惹き込まれる
 正直扱いにくい大きさなのだ。収納にも困る(笑)持ち歩きもほぼしない。フォトセッションや画像のみのページも多く、
写真集的な意味ではこの大きさなのだろうけど、個人へのインタビュー・・・いや複数へのものもあるし全体としてどうなのかな?
と、しばし悩んだりもしたが、やはり圧倒的な存在感でそこのぺージで手が止まるのは村田充さんのページ。
テーマはホームレスの英国紳士。その醸し出すオーラとホームレスなのにいい香りが漂ってきそうな柔らかな仕草、充さんなのだ。
最初のページの目でぐっと心を掴まれ、最後の頁のあのきらきらした目に全て吸い込まれた感がある。息を呑む6ページだった。
是非同じテーマで撮影したモデル時代の作品を見てみたいと思った。
そして最遊記歌劇伝×鈴木拡樹君。作品と役者のカンケイは10Pであるが、驚く事にインタビューは舞台終了後のわずか20分後。
当然キャラクタービジュアルのままでなのだ。これは珍しい。そして初のフライングの話や機材トラブルでの判断の話など大変貴重。
こちらも圧倒的な目力とオーラで大きな紙面に全く負けていない。玄奘三蔵として舞台にかける思いが存分に伝わって来た。
それから小谷嘉一君。あのコンテストから16年。いつも笑顔で年齢よりずっと若い役も無理なく演ぜられる希少存在の彼が6P。
大きな彼もこの紙面に負けていなくて、取り上げられて嬉しかった。
ただ複数のスタッフで構成されているので、全体的に見ると全部同じ向きの彼がいたり、表情がほぼ同じというページもあったり。
あまりなアップでアイライナーがくっきり見えたり、修正線がはっきりわかるのって逆にこの紙面の大きさが災いしてませんか?
とも思うけれど。ポスターよりプレゼントとか撮影風景のDVDがおまけだともっと嬉しかったなぁ。

 

イケメン過ぎて、ぐうの音も出ないよ。

 

カルテット!~Quartet!~ [DVD]

カルテット!?Quartet!? [DVD]

 

内容紹介

それは、家族をつなぐ旋律〈メロディ〉。
大切な想いが響きあう――クラシックの調べに乗せて、最高の感動を届けます

●人気急上昇中の若手女優 剛力彩芽が、自身の特技でもあるフルートを演奏する長女・美咲役を熱演!
●細川茂樹、鶴田真由ら豪華俳優が出演!また、海外での評価が高まる由紀さおりも家族を温かく見守る祖母役で出演し歌声を披露している。
●第7回ウラジオストク・ビエンナーレオープニング招待、第24回東京国際映画祭特別招待作品
●サン=サーンス「白鳥」、バッハ「G線上のアリア」ほか映画を彩るクラシックの名曲の数々!そして世界的指揮者 秋山和慶や2010年日本音楽コンクール第一位受賞の山根一仁らが特別出演。クラシックファンも必見。

【監督】三村順一
【脚本】鬼塚忠/三村順一
【原作】鬼塚忠「カルテット!」(河出書房新社)
【音楽】渡辺俊幸
【主題歌】mihimaru GT「One Time」(ユニバーサルJ)
【エグゼクティブプロデューサー】柳内光子
【制作】浦安観光コンベンション協会 グッドライフ 草苑学園 「カルテット!」プロジェクト

 

レビュー

★★★★☆マイルドなやさしさ。
クラシックの旋律がだんだんとまとまっていく、おだやかで、ソフトハートフル、ごくごくおとなしい映画です。
さまざまな課題を抱え、ばらばらになってしまった家族のこころを、共通項である音楽の調べを通じて取り戻そうとする、とてもやさしさにあふれて描写が満載。
クラシカルなムードのゆっくりとした旋律がじんわりとこころに響くように感じてきます。
日常の雑多のことを忘れるかのごとく。
ちょっときれいに作りすぎているところがあり、搖動するような、波風が少ないところが映画としての醍醐味にイマイチと思います。
浦安市の市制30周年記念として、震災被害の渦中に、市民を中心に多くの方々の協力により製作されたようです。
ゆったりと、おだやかな気分を満喫するにはいいと思います。

★★★★★実に楽しい
現代四人家族の愛の物語、音楽が素晴らし、吹き替えだそうだが気が付かなかった。

★★★★★
家族のためにここまでできるのかと思うほどの、改めて家族の大切さを教えてくれる、そんな作品でした。すばらしい!!今まで見た映画の中で一番感動しました。My Best Movie

 

ジャケットの画像がなんとなく羽生くん?