岡山県に住む、ホントにイケメンなのか疑わしい男、ゲンのブログ

人気のフィギュア、体臭対策、プロテイン。あとは雑記って感じです~。


人気の電動歯ブラシをランキング形式で紹介!

ど、ど、ど、ど、d,d,d・・・

ど、ど、どうも。ゲンです。

 

いま、電動歯ブラシを使っていますw

 

電動歯ブラシを使いながらしゃべるの難しいw

 

一昔前は3万円くらいするのが主流だったけど、いまは随分安くなった。

当時より多くの人が電動歯ブラシを使っているんじゃないかな。

 

ということで、人気の電動歯ブラシをランキング形式で紹介します!

 

 

 

5位 システマ 音波アシストブラシ(電動) 本体 ふつう (グリーン・ピンクから色はおまかせ)

システマ 音波アシストブラシ(電動) 本体 ふつう (グリーン・ピンクから色はおまかせ)

 

価格: ¥ 1,336

 

商品紹介

製品仕様
●振動数:約9000回/分(無負荷時)
●電源:単4アルカリ乾電池1本
●重さ:20g(歯ブラシ装着時、乾電池別)
●外形寸法(本体+歯ブラシ装着時):幅16*奥行16*高さ190(mm)

●歯ブラシ
柄の材質:ポリアセタール
毛の材質:飽和ポリエステル樹脂(ポリブチレンテレフタレート)
毛のかたさ:ふつう
耐熱温度:80度

原産国
タイ

 

これは手磨きで磨くタイプなので要注意!

パッケージに「電動」ってかいてあるけど、手を動かさないと磨けません!

 

レビュー

★★★★★基本は手磨きです
振動のみで磨くタイプではなく、手磨きをアシストする程度の振動です。
最初は、貧弱そうで効果がないかなと思いましたが、バッチリありました。
いつもと同じように磨いても、明らかにツルツル具合が違います。
細かい隙間まで丁寧に磨く場合は、普通の歯ブラシよりもゆっくり磨いたほうが良いです。
持ち手以外は普通の歯ブラシと大差ないサイズです。
普通に磨く感覚で、アシストしてくれる嬉しい歯ブラシです。

★★★★★もっと早く知っていれば
虫歯で苦労してました。
ものすごく磨けます。これで磨いて歯医者にいくと、かなり磨かれてますねといわれました。 
子供のころの自分に渡してあげたいです・・・・
親戚の子供にプレゼントしてあげました。 

★★★★★良い品だと思います。
無メーカーの物を以前は使った事はあります。
今回、色んなメーカーと比べた結果、システマを購入し使っています。
乾電池仕様で取り扱いが楽です。
歯と歯茎の間を綺麗にするには、軽い力で磨くのが良いと聞いてるのでこの品は絶妙な振動です。
振動でない、回る仕様(研磨用)は、日用の歯磨きには意味が無いと歯医者に言われました。
普通の歯ブラシは、「歯医者さんが考えた歯ブラシ」というのを使っています。
付替えブラシは消耗品なので、もう少し安くならないかなーって思います。

★★★★★ブラウンのオーラルBで不満の方はこちらがオススメ
今までブラウンのオーラルBを使っていましたが重い、音が大きい、振動も大きい、ネックが短く奥歯が磨きにくいなどの不満がありましたが
この歯ブラシはそれらのすべてを解消しています、大変すばらしい。欲を言えば替えブラシにバリエーションがほしいです。

 

手磨き式のメリットとして、

・音が小さい

・歯茎を傷つけにくい

などがあります。

 

4位 オムロン 音波式電動歯ブラシ HT-B211-W

オムロン 音波式電動歯ブラシ HT-B211-W

価格: ¥ 2,999

 

商品紹介

サイズ(約):全長200(ブラシ含む)×幅21.8×奥行21.8mm
電源:単4形アルカリ乾電池×2本
付属品:極細スパイラルブラシ(SB-032:1本)、トリプルクリアブラシ(SB-072:1本)、すき間みがきブラシ(SB-092:1本)、ブラシスタンド(1台)、お試し用電池(単4形アルカリ乾電池×2本)、取扱説明書(品質保証書付き)
方式:音波式
振動数(約):20,000回/分(無負荷時)
電池寿命:約2.5ヵ月間(単4形アルカリ乾電池2個で室温23℃、1回2分、1日2回使用の場合)
本体重量(kg):0.06

 

・約20,000回/分の高速音波振動。1秒あたり333回というとてつもない振動回数!
・電池の重さを含めてもたったの60g!女性でも手が疲れません。

 

レビュー

★★★★★これはバツグンの使いやすさ頑丈です
オムロンつかって5年
だいたい毎日3回使用して約3年位使えます
安価なわりにタフで使用感バツグンです
替え歯は2本640円とお値打ち
宣伝費節約して安価にしてるのかなー。

★★★★★外国製のブラシに比べてコンパクトで持ちやすい。
乾電池式ですがうちでは全てエネループを使っているのでエネループで使用しましたが問題なく作動します。
ずっと使ってきた、ブラウン製の電動歯ブラシに比べて持ちやすく日本人の小さな手に合っていると思いました。
磨きやすさはブラウンの方が磨いているという感じはします。磨いた後のつるつる感は同じような感じがします。
三種類のブラシが付属していて必要に応じて使えるところはコスパが高いと思いました。
お値段と性能、交換ブラシ200円ほどから考えてとても良い商品だと思います。
2本買って職場と自宅に置いてもいいかなと思いました。

★★★★★音波式で微振動が良い
ドイツ製の電動歯ブラシをこれまで使ってきました。交換歯ブラシの値段の高さ
が気になり、オムロンの歯ブラシを購入しました。

・1分2万回は本当に微振動で素早く同じ箇所をブラッシングし、ステインと歯垢が
 本当に良く落ちます。ステインクリーナーとステイン用の歯ブラシ以上に落ちます。
・ドイツ製のと比べると歯茎に優しく、強く押しても痛みも出血もありません。
・歯の表も裏もツルツルです。
・ヘッドが小さく、歯の裏、奥歯周辺にも歯ブラシが届きやすく、磨きやすい。
 ドイツ製のものと比べると、オムロンが圧倒しています。
・目的別に3種類のヘッドが付属しており、歯の間や歯並びの悪い部分も磨きやすい。
 ドイツ製のものは届きませんでした。
・交換用の歯ブラシが安い。経済的で助かります。
・歯を磨いた後は水で洗え、手間がかかりません。
・電池が単四で小さくて軽く持ちやすい。旅行にも気軽に持っていけます。

ドイツ製の最新の最上位機種には機能は劣りますが、歯磨きの基本に忠実で、歯ブラシ
が優しくとてもいいと思います。友人が歯科医ですが、歯ブラシは小さなヘッドを使い
歯を一本単位で少しの幅で往復し磨くのがいいと言っていたのを思い出しました。

 

オムロンって言うと、体温計とか医療機器のイメージが強いです(実際、医療機器のメーカさんです)。

さすが医療機器を扱っているだけあって、使いやすさや安定感は抜群です。

 

電動歯ブラシっていうとブラウンが第一にあがってきそうですが、オムロンはこれからどんどんシェアを広めていきそうですね!

 

3位 ブラウン オーラルB 電動歯ブラシ PRO1000 D205132MX BK ブラック

ブラウン オーラルB 電動歯ブラシ PRO1000 D205132MX BK ブラック

価格: ¥ 7,039

 

商品紹介

サイズ:約幅27×奥行34×高さ195mm
本体重量:約131g
原産国:ドイツ
電源方式:充電式/AC100V 50/60Hz
消費電力:0.9W
保証期間:お買い上げ日から1年間
セット内容・付属品:本体、マルチアクションブラシ(EB50)×1本、トラベルケース、充電器

 

・オーラルBは世界の中で72%を占める25カ国の歯医者さんを対象にした継続的サンプル調査で、使用されているブランドNo.1に選ばれました!
・丸型ブラシなので、歯を一本ずつしっかりと磨くことが可能。
・F1レースカー並みの加速力!毎分約40,000回の上下動と毎分8,800回の回転動!

 

加速力半端ないっすね。

 

レビュー

★★★★★1本1本磨いていく感覚
本格的な電動歯ブラシといえば、ソニケアやパナソニックのドルツの超音波系か、オーラルBの選択になると思います。
ソニケアは歯の外側・上・内側をなぞるように、ブラシを置いてなぞっていくだけで磨けるような感覚です。
このオーラルBは、球状のボールを1球ずつ拭いていくような操作で、1本1本磨きます。
そのため、こちら(オーラルB)のほうが磨きがちょっと大変ですが、その磨き方ゆえ歯と歯の間の歯垢が残しにくいです。
ソニケアのほうは意識して歯と歯茎の間を磨く、オーラルBは歯を1本丸々磨くイメージです。
あとブラシが丸型なので、磨きにくい前歯の裏が断然磨きやすいです。
縦長のブラシだと歯に対して垂直に磨くのは大変ですが、こちらだと持ち変えることも無く非常にスムーズです。

ブラシの形も動作形状も全く違いますが、どちらも歯はちゃんと磨けるので、どちらがダメということはなくどちらでも大丈夫です。
少し気になるのがこのオーラルBは作動音がやや大きめ。ソニケアはシャーという音で、こちらはブオーンと鳴ります。

最初に使ってみるとブラシを歯に押しすぎてしまいがちで、こちらについている押し付け防止ランプが便利です。
強く抑えてしまうと、本体の赤いランプがつき警告してくれます。
歯を磨くだけなら、上位機種でなくてもモードが1~2種類のこちらで全く問題ありません。
2種類のモードの情報はよく探さないと載っていませんがクリーンモードと歯ぐきケアモードです。
回転数が弱くなったり強くなったりを3秒毎くらいに繰り返しています。

また、電動歯ブラシは毎日朝・夜には必ず使うので充電池の寿命がわりと早めに来てしまいがちです。
このこともあり、磨くだけの製品を一番おすすめします。

 

2位 フィリップス 電動歯ブラシ ソニッケアー イージークリーン HX6520/50

フィリップス 電動歯ブラシ ソニッケアー イージークリーン HX6520/50

価格: ¥ 5,580

 

商品紹介

サイズ:34×34×252mm
本体重量:127g
素材・材質:ABS
生産国:中国
電源:AC100~240V 50/60Hz
消費電力:1.4W 充電式(約24時間充電
保障期間:2年

 

レビュー

★★★★★必要にして十分な機能
フィリップスのソニッケアーシリーズは色々なバージョンがあるので、どれを選んだら良いか迷う人がいると思う。私もイージークリーンを使う前は上位機種のフレックスケアープラスを使用していたのだが、半年ほど使用して、クリーンモード以外のモードが使えなくなってしまった。つまりガムケアー、センシティブ、マッサージ等のモードが使えなくなったのだが、実はクリーンモードのみでもなんの問題もなかった。クリーンモード以外のモードは、音波の強さを(振動の強さ)を弱くしているだけなので、クリーンモードが使えれば問題ないと言うことだ。ということで、このイージークリーンはクリーンモードのみですが、基本的な性能は上位機種となんらかわらないのでコストパフォーマンスは最高です!非常に満足しています。これなしでの口腔内ケアーは考えられません。

★★★★★評価通りのコスパに満足
上位機種を買おうか悩んでいたところ最低限の機能に抑えたこのタイプを見つけて
取りあえず試しに買ってみました。

使ってみたところ最初は少し歯茎が痛かったですが、2,3回使うと病みつきになります。
もう手磨きには戻れないですね。
様々な機能が付いた上位機種も検討していますが、コストパフォーマンスで考えればこの機種が最強だと思います。

ただ、使用後4か月で充電ができなくなり保証書等も保管しておらず諦めかけていたのですが、
メーカーにメールしてみると、amazonでの購入明細があれば保証で対応してくれるとのお返事がありました。
返送後1週間ほどで、不具合の内容(通電不良)が記載された明細と、新しい商品が送られてきました。
メーカーのアフターフォローも完璧で今後もずっと愛用していきたいと思います。

 

1位 ブラウン オーラルB プラックコントロール DB4510NE 電動歯ブラシ 乾電池式

ブラウン オーラルB プラックコントロール DB4510NE 電動歯ブラシ 乾電池式

 

価格: ¥ 1,090

 

商品の説明

◆外出先でもしっかりオーラルケアを求める人に

◆左右反転振動数:約9600回/分ブラシの毛先を1本1本精密に丸く加工。歯や歯ぐきを傷つけにくく、やさしくブラッシングできます。

◆タイマー機能搭載2分間が経過するとシグナルでお知らせ。タイマー機能搭載2分間が経過するとシグナルでお知らせ。

◆バッテリー・コンポーネントアルカリ単3乾電池2個付きで、すぐにお使いいただけます。

◆ブラシの交換時期をお知らせブラシが消耗すると、青色のブラシが白くなり、交換時期をお知らせします。(交換目安は約3~4ヶ月) 

■ 仕 様 

電源:アルカリ単3乾電池2本(付属)

使用可能時間:4~6週間(1日2回、各2分間の使用の場合)

寸法:3.5×20.9cm(ブラシ含む)

質量:84g

付属品:カラーリング

※替えブラシ型番(別売):EB25-2-EL、EB25-4-EL、EB25-6-EL、EB20-2-EL、EB20-4-EL、EB18-2-EL、EB17-2ES-EL、IP17-1-EL、TF-1

 

レビュー

★★★★★電動歯ブラシは安価で乾電池式が無難!
仕事場でOMRON(HT-B201)、自宅でブラウン(DB4510NE)を使っています。
電動歯ブラシは過去色んなメーカー何本も使用しましたが、
水回りで毎日使用するものなのでやはり故障する可能性は高いですし長く使っているとモーターも弱ってきます。
(通常で2、3年。上手く使って4、5年がいいとこです。)
あと充電式のものは充電池が死んだら終わりです。(修理出来ても新品を買うに近いくらい高価)
いくら高性能でも1万円近くする歯ブラシを2、3年で買い換えるのはちょっと。。。

となると出来るだけ安価で乾電池式で性能の良いものがベストです。

★★★★★お風呂の溝掃除に再利用…^^;
本来の使用中レビューではないのですが。
歯ブラシとして使用したあと第2の人生としてお風呂掃除に使うのはいかがでしょうか。

当家のものは、購入から1年ほど経ち振動が増えたり動力が弱くなったように感じました。
1,000円弱ということもあり、このほど買い換えました。古いほうは、捨てるのはもったいないと思い、
ふと思いついてお風呂の溝(パッキンの部分)の掃除に使ってみることにしました。

すると、お風呂の溝についたカビや汚れが、歯ブラシを当てるだけで取れる取れる!まさに「おおっ(歓喜)」っという感じです。
つらいお風呂掃除も、細い溝になった部分はこの歯ブラシでざーっと流してやると、スポンジのように擦らなくてよいので、とても楽チンです!

☆ご注意(重要)☆
使用中のものと間違えないようにしましょう。
テプラなどで「掃除用」とでっかく「注意書き」をしておかないと、掃除用のハブラシで歯を磨くことになります…。

 

1位はやっぱりブラウンさんですね。

千円っていう安価なのもステキですよね!

 

業界的にブラウンはやっぱり巨大だし、人気度でいったら間違いなく1位です。

だけど、クオリティならオムロンとかも全然負けていない。

 

ということで、今後も電動歯ブラシの戦国時代に注目していきます!