岡山県に住む、ホントにイケメンなのか疑わしい男、ゲンのブログ

人気のフィギュア、体臭対策、プロテイン。あとは雑記って感じです~。


水樹奈々の作品をまとめてみた(2017年12月版)!やっぱりかわいい!

NEOGENE CREATION(初回限定盤)(Blu-ray Disc付)

 

51UjpNjRZqL

 

レビュー


★★★★★フラット
数年間、水樹奈々の熱心なファンとして追いかけてきましたが、近年は一般アーティストの衰退と反比例するようにアニソンの勢いが増してゆき、私も色々なアニソン・ゲーソンに触れてみました。いつしか水樹奈々の曲を聴く頻度は減り、別に自分の中の圧倒的ナンバーワンではなく「好きな歌手の一人」となっていたのです。今作は「アルバム出るのか、買っとこう」くらいの気持ちでした。そのため今作は良い意味で盲信せずフラットに、改めて水樹奈々について考えながら聴いたつもりですが、やはり特別な人だなと。これほど魂を削るように歌う人は結局この数年見つけられなかった。まず一曲目にバラードというのはサードアルバム[DREAM SKiPPER]の「宝物」以来ですが、冒頭でいきなり胸を打ち付けられました。この何とも形容し難い重さは曲調や歌詞のせいもあるけど、彼女自身が背負ってきたものの重さもあるのではと思えてくる。アルバム全体としてはラフでポジティブなポップロックアルバムという感じで、エレガ曲やダークな曲が好きな人には物足りないかもしれないですが、十分勢いのあるラインナップです。そろそろ彼女に対するイメージの固定はやめた方が良いのかなと思っています。矢吹節が強かった時代からエレガ時代に移行したように、また次のステージに行くのかという予感は前作から皆感じているはず。そしてその時がきても、この真っ直ぐな歌声があればきっと我々の期待に応え続けてくれるだろうと私は信じています。

★★★★☆茅原実里さん「Innocent Age」と似た感覚を覚える1枚
年明けから始まる2017年のライブツアー「LIVE ZIPANGU」、当然ならがセットリストの中心となるであろうニューアルバム、この発売時期と流れはROCKBOUND NEIGHBORS、SUPERNAL LIBERTYと同じ流れです。古くはIMPACT EXCITER、GREAT ACTIVITYも同じかと思います。そうなれば当然ライブでファンの心を掴むイントロ、そしてインパクトがある1曲目、いつもならそう言う構成で上記に上げたアルバムを含めて、絶対にいつも通りにニューアルバムの新曲(イントロから1曲目の重要性)が重視された構成されているのですが・・・。予想と期待をして聞いた1曲目「めぐり逢うすべてに」で、強い違和感と過去に感じたことのある妙な感覚に襲われました。何でしょう、この意味ある強いメッセージ・・・・。ミディアムバラードで奈々さんの強い意志?これを1曲目にした理由を自然と考えました。私は奈々さんの曲の歌詞(意味)を深く考えたり、深く掘り下げたりはあまりしません。お父様を亡くされて大きな意味を持った「深愛」、その年の「LIVE FEVER 2009」が、色々と鈍感な私でさえも曲の意味、歌詞の内容等を考えさせられた最後かと思います。そんな中で今回の「NEOGENE CREATION」、前作で新しい水樹奈々さんの流れ、曲調などあまり好きな流れではない、「王道」が好きと言わせて頂きましたが、今回は、ある意味でここ数年続いていた流れを断ち切って、さらに「王道」路線に戻る訳でもない、非常に奈々さんからのメッセージ性の強い1枚と断言できます。これは茅原実里さんが今年4月に発売された「Innocent Age」と言うアルバムに似た感覚を覚えました。年齢的にも結婚されて子供が居ても不思議ではないし、さまざまな出会い、それは仕事にしろプライベートにしろ、なんでしょう、前作までの流れを感じない、そしてあえて選んだ1曲目「めぐり逢うすべてに」、最終曲15.「絶対的幸福論」、そこに勝手ながら奈々さんからの「意思」「思い」を妙に感じる作品かと思いました。もちろんライブで間違いなく爆発的に盛り上がる新曲、ライブ会場は真っ赤?炎が立ち上がる姿が目に浮かぶ09.「UNLIMITED BEAT」は過去最高レベルのバックバンドメンバーの技量が試される1曲、奈々メタル(笑)とでも言いましょうか、とにかく凄いです!ヘッドバンギング必須!そして久々と言ったら失礼かもしれないがアルバムから神曲になりうるだろう1曲、これぞ王道の王道、12.「GLORIA」・・・むちゃくちゃカッコイイし凄いです。間違いなく凄い!!LIVE ZIPANGUで恐らく一番爆発、爆裂するファン昇天必須、生で聞かなきゃ一生後悔するかと。これが私は本当に聞きたかった!!!!!!!と言う、まさに「水樹奈々」!強いメッセージ性、そして意味のある今の奈々さんの心境が垣間見える新アルバム、そして2017LIVE ZIPANGU参加予定者必須のお勧め2曲、購入して後悔はない作品です。

★★★★★やっぱり奈々ちゃんの曲は最高
全部の曲が心に刺さりました。もちろん元気で可愛らしい曲もあるけど自分と向き合おうと思わせてくれる曲がいっぱいで買ってよかったなと思いました。ALONE ARROWSとTWIST&TIGERがYouTubeの視聴で聴いてきだったんですが、全部聴くとイメージがいい意味で変わったりしてやっぱり一番は選べないなと……絶対的幸福論はPVもそうですがなんて真っ直ぐで優しさと愛で溢れた曲なんだろうと驚いちゃいました!聞く度に涙出てきますフォトブックももちろん最高でした!モノクロ奈々ちゃんも美しい(*^^*)大人可愛い奈々ちゃん憧れます(*^▽^*)

★★★★★16年目の熱い最高傑作!
今回のアルバムは全体的に熱くストレートな応援歌が多い印象です。ただElements Garden(エレガ)作曲の複雑で難解な早い曲ではなく余分な音数をそぎ落としたシンプルで力強い曲が多いです。その表れとして今回エレガ作曲の曲はたった1曲しかないです。(この曲も今までよりシンプルになってる)シンプルにすることでより言葉が強く届く感じがしてすごく心に響きます。これは歌手デビュー16年の中でいろんな挑戦、試行錯誤を繰り返してたどり着いたものだと思います。もちろん熱い曲ばかりではなく珠玉のバラードが3曲も入っていたりとバラエティーも豊かです。人の好みはそれぞれで賛否両論あって当然だと思いますが私はこのアルバムは水樹奈々の最高傑作であると思います。

★★★★☆いつも通りの水樹節
最新アルバム、「NEOGENE CREATION」のレビューです。楽曲自体は、アップ・ミドル・スロー(バラード)テンポが各々収録されています。そして、いつも通りの水樹奈々さんの歌声で、安定してる曲のアルバムです。ただ、今作のアルバムはタイアップ曲も収録されてますが、大ヒットした曲は無い気がします。収録曲に不満も無く、良いと思っていますがファン向けのアルバムだと思えます。音質は、音飛びや音割れも無いので良好な収録状態なので安心出来ます。特典のBDは、以下が収録されてます。・ミュージッククリップ「絶対的幸福論」が1曲収録されています。・このアルバムのメーキングムービー・TEAM MIZUKI 富士山頂への道・NHK「のど自慢」延長戦ダイジェスト上記、4種類が収録されています。画質も綺麗でファンには良い特典映像だと思えます。アルバムとしてはいつも通りで悪くは無いですし満足の出来です。

★★★★★感謝しかない
前作で少し方向性が奈々さんの本心に向かっているような気がしたのですが、今回は更に突き詰めてきているように感じました。この路線、好きです。ずっとこのままがいい。ジャンルも豊富だけど聴きやすい。心にちゃんと残せる。感想は個人差あるけど、僕は全曲良かった。絶対的幸福論を聴き、MVを鑑賞し、奈々さんと同じ時代に生きている事を幸せに思う。人員削減で仕事がキツく、グダグダな日々だけど、何とか頑張ろうって思えた。これからもずっと奈々さんと共に…

★★★★★傑作!!
捨て曲なし!全曲気に入りました!まだ聴いてない皆さんにもぜひとも聴いて欲しい作品です!

★★★☆☆クオリティは高い、が。
前のアルバムを充分に聞き込むより先に新作が出てしまう・・のは贅沢な意見でしょうか?勿論クオリティは高い、んだけど何だろう?いざ新作を手にした時のときめき、のようなものが薄れてきた。バラードの素晴らしさは相変わらずだが、テンポの速い曲(ライブの盛り上げ用?)はもはや食傷気味ですらある。必要以上に肩に力が入ったような曲はもういいんじゃないか?聴いていて疲れる場面が増えてきました。若いアニソンシンガーには負けられない!みたいなのはもう必要ないと思うし彼女の年齢を考えても、そろそろElements Gardenにばかりこだわる必要もないのでは?マンネリ化の原因の多くは彼らの提供曲にある気がします。それに、こんなに慌ててオリジナルアルバムを出さなくてもここらでJ-POP、あるいは演歌の名曲カバーアルバムとかを作って欲しい。そういうものの方が彼女の歌唱をじっくりと落ち着いて堪能できる気がします。昭和の歌謡曲的なものを今の奈々さんに求めるのは間違っているのでしょうか?

★★★★★水樹奈々の第三紀
今回のアルバムは応援ソング、バラード曲が多いです。STAND UP!、TWIST&TIGER、STARTING NOW!、君よ叫べは聞いてるだけで力・勇気を貰えるアップテンポの応援ソング。めぐり逢うすべてに、JEWEL、絶対的幸福論は伸びやかな自然と浸れるバラード。うん、いいです。その他の曲は是非皆さん聞いてほしいです。奈々さんの様々な顔が見れて楽しいです♪今回バラードが多いとのことで奈々さんもアラフォーと呼ばれる年齢になり大人っぽいしっとりした歌も似合うようになっていいなぁと思います。パワフル爆発奈々さんも大好きですがしっとり奈々さんも大好きです。最近奈々さんが新しいことにどんどんチャレンジし路線変更を徐々に行っていますが、地を固め過ぎてガチガチになるよりはいいかなぁとは思うようにしてます。彼女の音楽を楽しむ姿を楽しんでいこうと思います。

★★★★☆究極の奈々メタル!
リリース以前から試聴公開されていた「UNLIMITED BEAT」を聴いたとき、凄まじい高揚感にとらわれた。熱い歌メロ・歌詞、ヘヴィなリフ・スピード、劇的シンフォニックアレンジ…個人的にはイタリアンメロディックスピードメタルに近い感触を覚えた。特にヘッドバンギング必至のスピードに乗る歌メロとコーラスは上松節炸裂で、何度も何度もリピートしてしまう。普段アニソンや水樹奈々を聴かない人でも、メロディ派のメタラーには是非聴いて欲しい神曲だ!もともと奈々ソンにはメタルアレンジが合う曲が多いし、実際「悦楽カメリア」や「アパッショナート」といったメタル曲もあった。「UNLIMITED BEAT」はその系列に属する奈々ソンメロディックスピードメタル曲だが、その中でも最高傑作と呼べるのではないか?吉木絵里子さん作曲の和風ロック「はつ恋」も素晴らしい。「純潔パラドックス」系の曲で、一度聴いたら忘れない優れた歌メロ・サビメロの構築美にため息が出てしまう。「純潔パラドックス」で奈々さんに興味を持ち、聴き始めた自分としては実に感慨深い。「GLORIA」も傑作。壮大で叙情的かつシンフォニックなイントロから始まり緻密で雄々しい歌メロ・劇的なサビが秀逸な、今後の代表曲になり得る名曲だ。他では「ALONE ARROWS」「RODEO COWGIRL」あたりが良かった。全体的にみて傑作の部類だと思うが、難点を言えば、部分的に以前の曲で聴かれた歌メロ・フレーズの使い回しが散見されるのが気になった。これは活動の長いアーティストであれば邦洋問わず誰にでもあることだが、複数のソングライターを起用しているのだからこの点は頑張ってクリアして欲しいところだ。「UNLIMITED BEAT」「はつ恋」のような奈々さんでしか聴けない曲に出会いたいので、次作も買うと思います。



【Amazon.co.jp限定】NEOGENE CREATION<初回限定盤CD+Blu-ray>(オリジナル缶バッチ<ロゴ使用>付)

 

51nZPDfY5oL



NANA MIZUKI LIVE PARK and more(仮) [DVD]

 

amablog



NEOGENE CREATION(初回限定盤)(DVD付)

 

51IPe%2BaQtrL



NANA MIZUKI LIVE PARK and more(仮) [Blu-ray]

 

amablog



NEOGENE CREATION(通常盤)

 

51r9iwc9PVL

 

レビュー


★★★★★このアルバムは、買って正解!!
1stアルバム~6thアルバムまではエンドレスで聴いていて(今でも聴きます)、嫌いな曲もほとんどなかったんですが、7thアルバム以降は1度か2度聴いてすぐ飽きてしまってました。でも今回のアルバムは、本当に久しぶりに全曲好きになりました!!奈々ちゃんの歌い方が柔らかく自然な感じの曲が多くて、聴いてて心地良いです。6枚ぶりに、エンドレスで聴けるアルバムです。『めぐり逢うすべてに』は、これまでなら絶対に1曲目には来ない曲ですね。アルバムの中で一番好き。

★★★★☆前作よりかはよいかと
前作は微妙(なんか変)でしたが、今回はよくできてるかと。シングル曲以外 特典はいらないのとジャケットは通常版がすきかな?というのもあり こちらを購入しました。Blu-rayのジャケットが気にいらなかった あと、 次回は購入するかは微妙(*`・ω・)ゞですが                       追記) あくまで個人的な意見ですが、ULTIMATE DIAMONDあたりから違和感があり購入に慎重になった 



STARTING NOW!

 

51HJVbLtMHL

 

レビュー


★★★★★CDのみ!これが良い。
タイトル曲は奈々さん作詞の前向きな歌詞。まず自分自身の努力、これが大事なんだと彼女が言うからこそ説得力がありますね。ライブのオープニングにもピッタリでは?曲調はいかにもだし、何より「かかってきなさい!!」ですから。それと、今回はカップリング曲の質がとても高い!特に「恋想花火」は素晴らしいと思います。切ないメロディと終盤へと盛り上げてゆく奈々さんならではの感情迸る歌唱、さすがですね。またMステ出て欲しい。3曲入りのCDのみで勝負。路線は大変良いので、ぜひ続けて欲しい。良い曲が3曲あれば、ヘタなDVDなど要りません!(勿論カラオケも必要ナシ)ジャケット中面写真、頑張ってますね。もうちょっと正面向いて欲しかった(笑)。

★★★★★ジャケットだけで☆5です
一曲目これぞ水樹奈々‼︎と思わせる元気一杯の一曲。甲子園ではまず間違いなく歌われるでしょう。振り付けは、この美のOPのですかね。今からとても楽しみです。二曲目サビの 哀しみの為か の辺りが癖になりますね。じっくり聴いて欲しい曲です。三曲目これは…今までに無いタイプの、何とも切ない歌詞なのですが…素晴らしいです。泣けます。音域が広い(特にラスト辺り)ですが、普通に歌っているのが水樹奈々さん。歌唱力の高さが光りますね。実際に甲子園にて花火付きで歌われた場合、一体何人が泣くのでしょうか。是非、高音質な環境で聴いてみて下さい。きっと新たな発見がある筈。お勧めの1枚です。

★★★★★みんないいけど恋想花火が特に好きです
「STARTING NOW! 」は非常に元気になれる曲です。過去の水樹奈々のこういった応援ソングの中でももっともストレートな構成で非常に耳に残りやすい今までにありそうでなかった感じで良いですね。「アンティフォーナ」はおなじみのシリアスアニソンという感じですが仰々しさがおさえられて作られていて聴きやすく何回もリピートしたくなります。「恋想花火」はまずメロディーが素晴らしく泣きを誘います。歌詞は一見すると女々しい男の心情に聞こえなくもないですが水樹さんの優しい歌声と切ない表現が合わさると泣きを誘います。買って損はなし!!

★★★★★素晴らしい
3曲ともそれぞれ良いが、特に良いと思うのはなか卯のCMになっている恋想花火。今から夏の終わりにかけて合うと思う。少し切ない感じがまたいい…

★★★★★3曲全て最高!
とにかくバランスが良いシングルです!「STARTING NOW!」・・PV観て、最初のドラムのみのところの「例えばひとつだけー♪」で思わず「ウオー!」と叫んでしまいました。シンプルイズベストなド直球応援ソング!こういうの、待ってました!「アンティフォーナ」・・定番のマイナー調ゲームソング。今までにも増して艶のある奈々さんの声が大好きです。疾走感のある曲調に、情熱的な声。間違いないです。声優ならではの?吐息を使った緩急のある歌い方、「熱情のマリア」同様に素晴らしい!「恋想花火」・・男性目線の、情景が目に浮かんでくる失恋ソング。さすが声優。「おどけたように笑う君♪」では思い出しながらちょっとにやけるような男性の感情も表現しています。哀しい曲なんだけど、しっかり刻むリズムの中で大切な人を想うことの素晴らしさを教えてくれているこの曲。若い頃では表現出来なかったであろう大人の低音域のサビと、ラストの転調して高音に移る突き刺さるような「泣いたよ~♪」の部分のギャップ。これは名曲だわ・・。甲子園球場ライブが楽しみです。奈々さん、ありがとう!!

★★★★☆恋想花火の花火綺麗だったなあ。
表題曲のスタナウは長年ファンやってますが正直イマイチだなと思いました。奈々さんが書いた歌詞は好きです。でもメロディが軽いというか安っぽい。あんなにいいバンドが付いてて奈々さんの素晴らしい歌声があるのにもったいない。でも、曲自体は難しいんですよね。そこら辺の声優アーティストが歌いそうな曲調だけど難しくて歌えない……みたいなある意味唯一無二の曲だと思います。ジャケットとMVはカワイイ。アンティフォーナは安定ですね。良くも悪くもあぁ奈々ソンだって感じです。ライブでは化けなかったな。今回は恋想花火がA面なんじゃないかと多くの奈々ファンが思ってるはず。素晴らしいです。ヨシダタクミさんが書く曲は今までに見たことない奈々さんが見れてありがたいです。いわゆる上松曲も悪くないですがマンネリ化していた部分があったと思います。ヨシダ曲のレイジーシンドロームも衝撃でしたが更にそれを超え、甲子園で初披露のSTAND UP!と新曲の絶対的幸福論。毎回予想の斜め上を行く素晴らしい曲達です。奈々さんはこんな声出すんやとか、こんな表情するんや。って最近また奈々さんに心酔しています。アルバム期待してます。

★★★★★まさに夏の曲
夏らしい爽やかなメロディー&アレンジで、水樹奈々さんの元気な声が映える良曲です。カップリングもそれぞれ特徴的で素敵です。

★★★★★元気が出て泣けた
1曲目で元気をもらえて、2曲目で浸って、3曲目で泣けました夏の終わりに聞いたらもっとぐっと来そう

★★★★★素晴らしい
どの曲も素晴らしい!!買って良かったです!本当に奈々さん大好きです!

★★★★★夏らしくてとても爽やか
ジャケットが夏らしく爽やかでとても良いですね!特に挿入歌の「恋想花火」が大好きです。今、初めての彼氏がいて大学生になるのを機にお互い別の道を歩むために別れようと決めていました。「さよならじゃ形容できない」「いつか他の誰かと結ばれても僕は思い出すのだろう」という歌詞の部分に涙が出てしまいました。恋の儚さを忠実に再現していると思います。水樹奈々さんがとても大好きなので声が心に沁みます。去年行けなかった夏祭りは今年最後に彼と行こうと思いました。文章を書くのが苦手で下手なレビューになってしまいました、読んで下さった方ありがとうございました。迷っている方は是非聞いてみて下さい、3曲すべてとても良い曲です。



【Amazon.co.jp限定NEOGENE CREATION<初回限定盤CD+DVD>(オリジナル缶バッチ<ロゴ使用>付)

 

511NEGPm8QL



SMASHING ANTHEMS【初回限定盤】(Blu-ray Disc付)

 

61lUUUV1AaL

 

レビュー


★★★☆☆特にアルバム曲について
特にアルバム曲について、今作はファン以外にも響くような傑作曲が無かったように感じます。私は奈々さんのファンなので、今作を聴きますが、他のアーティストの作品であったならば特段気に留めなかったでしょう。PVの存在する「SUPER☆MAN」にはリリース前から期待していたのですが、実際聴いてみた感想だとPVに見合う様な、もっと振り切った曲調が良かったのでは・・と感じました。PVは攻めてるのに曲自体は方向性が曖昧な煮え切らない作りになっていてどうしても中途半端さを感じてしまいます。声優アーティスト業界のトップとして、所属レコード会社の売上の期待もあるのでしょうが、今作は無理にリリースに間に合わせようと作られた業務的なアルバム曲が多いというか、面白みに欠けるアルバム曲が多いように感じます。リリース迄2ヶ月を切っていた2015/9/19の西武ドームのライブの時点で「製作段階は半分位」と本人も仰っていましたがご本人も多忙を極める中、タイトなスケジュールで製作されているのもあってか、一曲に時間をかけたシングル曲との温度差がより強く感じられ、全体的になんとか期限に間に合わせたかの様な息苦しさをアルバム曲からは感じてしまいます。自分はファンなので、次回作も出れば必ず買いますが、昔のように伸び伸びとアルバム曲を作って欲しいと思います。

★★★☆☆スルメ盤となれるか
ここ最近のシングル曲全てに言えることですが、なまじ水樹奈々さんの歌唱力が高いあまり作曲家が作ってきた高難易度の曲も歌えてしまいます。特にSynchrogazer以降に発売されたシングル曲は難易度のインフレを起こしているように感じています。そのため聞いている方が疲れてしまうような曲が多いです。個人的にROCKBOUND NEIGHBORSで見せた多様な曲が収録されたアルバムが好きなのですが、前作今作とたどるにつれて曲を聞いた時の感動が薄くなり、曲調の袋小路に迷い込んでいるような閉塞感があります。エデンを聞いた時にはその閉塞感がなくなるかとも期待したのですがアルバム曲には「またこんな感じか」と思いました。聴きこめば好きな曲もできそうですが、それすらも苦痛に感じそうで再生ボタンを押すのがおっくうになっています。今後は原点回帰してゆったりとしたシングル曲を発表して欲しいですね。

★★★★★水樹奈々らしさ
私はジャンル問わず色々な曲を聴くのですが、こういった楽曲を彼女の歌声で聴いてみたいなって思うことが多々あります。今作は、その願いが叶った一枚!なので個人的には大満足なアルバムです。他の人も書いているようにアニソン感を求めてる人には物足りないと思いますが、「ダーリンプラスティック」や「undercover」が好きな人。男性より女性の方がより入りやすいアルバムだと思います。彼女はシンガーソングライターではありません。音楽に貪欲でアスリートのように常に挑戦をします。自分の持ってる歌声で何でも表現したい!声優である彼女だからこそ出来る音楽を求め続けている。色々なジャンルの楽曲に挑戦することで、またなにかを発見することが出来る。そうやって作られたのが、今までのアニソンや水樹奈々感です。そしてまた今の音と彼女の歌声をあてはめて科学融合を楽しむ。何も今までと変わってないんですよ。水樹奈々らしさっていうのは楽曲に掛かってないんです。常にノンジャンルで挑戦をし続ける。こういった意味で、今作は最も彼女らしさのあるアルバムだと思いました。

★★★★★これが奈々様の進む道
今まで、結構辛口な感想も書いてきました。しかし、今作は会心の作品だと言えます。奈々さんは伸びやかで壮大に歌い上げることで、我々ファンだけでない皆を魅了する稀有なアーティストです。今作は、今まで様々なジャンルに挑戦してきた奈々さんが、原点回帰というか、やりたかった方向に重点を置いたのではないでしょうか?歌詞からも奈々さんの歌いたい想いが強く伝わってきます。個人的には『コイウタ』が特にお気に入り。激しくノリのよいライブ向けも良いですが、演歌・歌謡曲・アニソンと、言葉が聞き取りやすく、心に響く歌で道を突き進んで欲しいものです。マンネリとなってもいいんです。偉大なるマンネリです。今後『ライブ』ではなく、『大いに唄う』がメインとなるまで末永く奈々さんの歌が聴きたいですから(*^^*)最後に‥紅白はエデンでお願いしたい!他の曲が悪いとは全然思っていない。ただ、盛り上がるのはNHKホールの一部と、テレビ見ながらブレード振り回してる我々ファンだけ。紅白は全ての国民に奈々さんを印象づける舞台。年配の方にも、アニソンに否定的な人たちにも興味持って聴いてもらいたい。だからこそ、エデンを是非!11/26追記‥今年、出ないようですね‥紅白スタッフは何考えてるのか‥例年にない最高の見せ場が期待できただけに非常に残念です。これから先、紅白のトリを飾るのは間違いないので、今年の年末は充電って事でゆっくり休んでいただきたいですね(^^)12/6再追記‥NHK生特番のラストで『エデン』きましたね!NHKには間違いなく奈々さん推しのスタッフ軍団がいるのでしょう。制作側の意地を感じました。『エゴアイディール』も発売間もない時期に生で歌ったことで、このアルバムの評価が改めて高まると思います。ありがとうございました☆

★★★★★等身大
30代も半ばとなった水樹さんの等身大のアルバムかな、と感じました。前々作前作と、これからの歩み方を探ってる感じが強かったので、さてさてどう落ち着くのかな、と思ってたのですが、良い意味で方向性が見えたのかな、と。その分トンがった曲は無くなったので、若年層や声優としてのファンの方には刺激が足りないかも?

★★☆☆☆「らしさ」が消えかけた「別次元」のアルバム
前作、SUPERNAL LIBERTYの「VIRGIN CODE」までとは言わないまでも、雰囲気のあるイントロからGlorious Breakが始まり期待するも拍子抜けでした。アルバム先行?のPV曲「SUPER☆MAN」も、えっ??と思う衣装と曲調に困惑。前々作のROCKBOUND NEIGHBORSがオーケストラありきの「挑戦・変化」と、するのなら、今作は「らしさ」を失った「別次元」のアルバムと思います。その他、シングル曲を除いた新曲を聴きましたが、どれも良い意味で、コンセプトは「大人の水樹奈々!?」とでも言うのか、悪く言えば「らしさ」を、ほとんど感じられない、どれもスローな曲調ばかりで好きになれませんでした。唯一、これぞ水樹奈々10曲目のClutch!!、11曲目の熱情のマリアくらいかと。声優兼歌手として同じ30代後半で今尚トップシーンで活動をされている女性声優さんが2人いますが共通するのは、絶対に基本となる曲調の「軸」が変わらないことかと。それを「マンネリと言うか王道と言うか」それはファンが判断することですが、時に変化も必要ですが、私はやはり王道の「奈々さんらしい曲」が好きです。歌手としては約14年、女性声優としては圧倒的な英才教育と、親御さんの指導で、恵まれた歌唱力と出会いがあって今に至る奈々さんですが、年齢的な部分と、歌手として「これを歌いたい、挑戦したい」と言う強い願いや思いがあるのかなと、またそれを可能にしてしまう歌唱力と影響力あるが故に、今作があるのだと思います。シングルの最新曲Exterminate、Angel Blossom、禁断のレジスタンスは、これぞ「水樹奈々」と言える素晴らしい曲ですし、エデンは冬にぴったりな曲。シングルを購入されていない方などは買って損はない新アルバムです!これからもシングル、アルバムは買いますし、ライブにも参加します。アルバムから神曲と言われる「らしさ」を感じられる代表曲が出てくることを願う。

★★★★★音楽に惚れました
齢50歳になって、初めて活気のあるテンポの良いリズムに惚れました。1曲目を飾る「Glorious Break」とラストの「Exterminate」。共にアニメに使われた曲らしいですね。調べて見てみようと思います。是非、皆にも聞いてほしいです。

★★★☆☆楽曲にやや違和感
暫く離れていて、久しぶりに聴きました。第一印象では、声は相変わらず素晴らしいのですが、そろそろ演歌に移行するのかな?という感じがしました。そして、曲、メロディーがやや窮屈な感じもします。この人のファンなら、演歌に移行したとしてもそっくりそのまま付いていけると思いますし、歌声がとても心地よいのです。元気な楽曲もいいのですが、年齢相応というか、十分に大人の女性になられているので、無理にヨコモジなど入れなくても日本語のもっと高度な曲つくりを作詞、作曲の方には聴き易いスローなナンバーを今後は期待しています。

★★★★☆多角化は吉と出るのか
最近の水樹奈々の傾向として、色々なことに挑戦しています。今回のアルバムにも今までには無かったような楽曲もあります。ただ、色々な事に挑戦するあまり、一つのアルバムとして、取り止めの無いものになってしまっている様にも正直感じてしまっています。挑戦する事が悪いとは全く思いません。前回のアルバムはLIVE FLIGHTで盛り上がった後はかなり印象が変わりました。(良い方に)果たして今回はどうなるでしょうか。

★★☆☆☆絶賛するほどのもんでもない
アルバムの内容はバラエティの薄い、同じような曲調の楽曲ばかりで正直もううんざりです。これが最近の水樹さんの路線なのかな?と思うととても残念です。僕の言葉が嘘だと思うなら水樹さんの初期のアルバム(3rd辺りまでの)を聞いてみてください。これまで多くのファンを魅了してきた理由が分かる筈です。ただこの先も、こういった路線でCDを出し続けていくのかなと思うと非常に残念な気持ちになりますね。まぁそれでも買うんでしょうけどねw、これでも昔からの奈々ちゃんのファンですから。



NANA MIZUKI LIVE GALAXY -GENESIS- [Blu-ray]

 

61FSAJsJpZL

 

レビュー


★★★★★「-FRONTIER-」とは違いますが、こちらも良いライブです。
2日目公演の「-FRONTIER-」から先に観てしまいましたが、「-GENESIS-」も観たのでレビューを投稿します。「-FRONTIER-」とは違い、セットリストは、2000~2007年に発表したした楽曲をメインにしたライブです。7~8割の楽曲は、「-GENESIS-」違いますが、残りの2~3割の楽曲は共通で歌ってます。古参のファンの方は、「-GENESIS-」のセットリストの方が懐かしくて嬉しいのかも知れません。奈々さんの着る衣装も、2日間共通なものもあれば、それぞれ異なる衣装も来ています。特にオープニングでの衣装は、「-GENESIS-」では、シャンパンゴールドのスカートに花を付けた衣装に対し、「-FRONTIER-」では、黒い衣装でシックな装いで登場する等の差異があります。アンコールでも、「-GENESIS-」では黒いTシャツを着用、「-FRONTIER-」では白いTシャツを着用していて、着ている服の色の違いだけでも雰囲気が変わって見えます。舞台演出も「-GENESIS-」では、明るい照明を多々使用して明るく綺麗な舞台イメージが多かったのに対し、「-FRONTIER-」では、青を基調にした照明を多々使用して、シックで幻想的な舞台イメージが多かった気がします。音声も、2chのリニアPCM、5.1chのDTS-HD、オーディオコメンタリーから選択と「-FRONTIER-」と同様です。当然、映像特典も付属しています。「-GENESIS-」も「-FRONTIER-」と同様に水樹奈々ファンとしてはセットリストは異なりますが、充分楽しめた良いライブ映像作品です。

★★★★★ライブの完成度は流石
セットリストは新旧織り交ぜた見事なバランスで、演出も豪華で素晴らしかったです。画質も今までで一番良かったと思いますし、カメラワークも忙しなくなかったので見やすいと思います。音質も各楽器の音もよく聞こえ、特にりゅーたんの多彩なベースプレイを堪能するには今作が一番の出来ではないでしょうか。ベースはバンドの中で高音楽器と低音楽器をつなぐまさに要。ベースがよく聞こえるとこんなにも音楽が豊かになるのかと実感出来ると思います。個人的にひとつだけ残念なのが5.1ch再生時におけるボーカル処理です。LIVE-FLIGHTで、せっかくDTS-HDでも強調感のない音作りで楽器との音量バランスも良くなったのに、今作ではボーカルがデカ過ぎて声の距離感が近過ぎますし、昔の様に耳に突き刺さる音作りなので聴き疲れがします。2chのPCMではそんな事ないので、是非次作では直して欲しい所です。

★★★★★酒が美味い
自分の酒のつまみは好きな音楽!なのでこのLIVE映像は最高のつまみです。音質、画質共に良好(部屋がボロアパートのためイヤホンで鑑賞)う~ん、早くスピーカーで鑑賞したい…。ドームLIVEは演出のスケールも大きいし客席の活気もあって興奮しますね~このDVD購入の決め手はなんと言っても収録曲のリプレイマシン!この曲が一番好き。でも欲を言えばジュリエットも聴きたかったな…次はお願いします。

★★★★☆やはり彼女は超一流の歌手だということを改めて実感出来る作品
自分は6年前から彼女のファンなのですが、改めて水樹奈々というアーティストの実力、これだけ人気者になってもファンを大切にしている所などのプロ意識の高さを改めて感じさせてくれる作品だと思います。セトリも名曲揃いですが、個人的に特におすすめしたいのはアンコール前のNewsensationですね。応援ソングって感じの歌詞で聞くと励まされます。

★★☆☆☆ライブは最高のできなのに編集が下手‼︎
水樹奈々さんの大ファンです。この東京ドーム公演も現地に行き、最高の歌声、最高の演出に大変楽しませていただました。そしてこのブルーレイの発売をとても楽しみにしていました。しかしこのブルーレイ、水樹奈々よりバンドメンバー(チェリボ)のカットが多すぎる‼︎‼︎私は歌う水樹奈々が見たいのに演奏しているチェリボのカットばかりで大変ショックです。奈々さんが衣装替えでいないシーンでバンドメンバーやダンサーがアップになるのは分かるのですが奈々さん歌ってるのにチェリボメンバーの顔がアップに映されたり演奏している手元が映ったり…いや、私は奈々さんな顔がみたいんですけど…?(ー ー;)なんでこんな編集にしているのか本当に意味が分かりません。チェリボメンバーは好きですが、ブルーレイで見たいのは歌う水樹奈々です。最近の奈々さんのライブブルーレイは奈々さん自体ではなく客席やチェリボのカットが多いなとは思っていましたが、今回のブルーレイは特に酷いです。せっかくすごくいいライブなのに…カメラの切替もやたらめったら多いし、本当に編集が下手。編集するスタッフを変えていただきたいです。お金を出して「水樹奈々」が見たくてブルーレイ買ってるという事を分かってほしいです。本当にいいライブなのにもったいない…